ペンとサイコロ -pen and dice- BLOG

ボードゲーム制作を行う「ペンとサイコロ」のブログです。公式サイトはこちら→http://penanddice.webcrow.jp/

「ダイスローラー / Dice Roller」を作りました

www.youtube.com

 

こんなのを作りました。

現在発売中。

pen-and-dice.booth.pm

 

ダイスローラーって?

3Dプリンタで作った「転がさないサイコロ」です。

机の上でサイコロを振る(ダイスロールする)と、サイコロが落ちてしまうことがあります。

これを防げます。

 

普通に家やプレイスペースで遊ぶときにも便利ですが、電車などで移動中にゲームをする時、また配信やWEB越しでのプレイに便利という声も頂いています。

配信やWEB越しでリモートプレイするときは、サイコロが転がっていくので面倒だそうです。これだと同じ位置でサイコロが回ってくれるので、カメラを固定しやすい上にイカサマでないことも示せると。

また、「サイコロをうまく振れない子供と大人が一緒に遊ぶのにも便利」という声もいただきました。

色々メリットが見つかって、作った人間としては嬉しい限りです。

 

名前はサイコロを振る「ダイスロール」と、回転機構ということで「ローラー」を掛けています。

 

なんでこんなの作ったの?

昨今の状況で家から出られないので、ここ最近は3Dプリンタで何ができるか、色々模索していました。

その中の一つです。

例えばこんなアールヌーボー風の壁掛けフックとか、

f:id:roy:20200705181527j:plainf:id:roy:20200705182902j:plain

リンク機構を作ったり、

youtu.be

マスク用のフックを作ったり、

f:id:roy:20200607072300j:plain

嫁がハマっているゲームのエンブレムを作ったり

f:id:roy:20200607113647j:plain

3Dプリンタのフィラメント掛けを作ったり

f:id:roy:20200619074240j:plain

とにかく色々作ってましたが、その中でこのダイスローラーがえらくバズったので、それならと製品化に勧めました。

キッカケになったのはこのツイートです。

 

ダイスローラーの作り方

3Dプリンタで、と言っても実際に3Dプリンタで作っているのは全体の1/3程度。

最も部品の少ない6面ダイスでも部品点数は17点、作るのにはこれだけの道具を使っています。(後で並べ忘れに気づいたものもあるので、実際はもっと多い)

f:id:roy:20200731111611j:plain

作る中で気が付いた点は少しずつ改良しているので、申し訳ありませんが最初にご購入いただいた物と、今お送りするものには違っている部分もあります。

(部品や加工の追加に伴い、価格も変更しています)

 

「で、結局どういう構造なの?」という点は、今のところ秘密です。

興味がある人は購入して分解してください。

(分解すると破壊するよう、接着してます)

  • クルクルと気持ちよく回る
  • きちんと数字のところで止まる

という相反する要素をいかに実現するかに苦労しました。

「発明は1%のひらめきと、99%の努力」とエジソンは言ったそうですが、実際に大変だったのはこれを実現する0.1㎜をどう実現するかというEngineeringの部分でした。

ちなみに「ダイスローラー」という発想自体を思いついたのは今年の1月。

youtu.be

当時の試作品の動画がありました。

この動画と、上の動画を見比べて頂ければ、どれぐらいスムーズになったか分かって頂けると思います。

 

ラインナップと今後

現在D4(4面ダイス)、D6(6面ダイス)、D8(8面ダイス)をラインナップしています。

D6についてはドット/数字/漢数字の3種類を用意しています。

f:id:roy:20200807221630j:plain

f:id:roy:20200804183033j:plain

色は樹脂次第、という所になりますが、今のところ印字可能なのは

黒 / 白 / 茶 / 青 / 灰色 です。

ご要望があれば追加しますが、樹脂のラインナップ次第なので対応できないことがあります。

 

その他要望を頂いているのは、さらに多面(D10/D20/D100)、2つセット(2D6)です。

こちらは設計中ですが、部材の納品が8月下旬と回答が来ているため、発売が9月を予定しています。

どちらも試作は行っているので、きちんと回って止まるように細かな調整の段階です。

f:id:roy:20200806195623j:plain

f:id:roy:20200805230705j:plain

 

要望があれば色々挑戦したいので、「こんなことできないのかな?」と思うものがあれば色々聞いてください。

ただし、実現するかは保証できませんが・・・