ペンとサイコロ -pen and dice- BLOG

ボードゲーム制作を行う「ペンとサイコロ」のブログです。公式サイトはこちら→http://penanddice.webcrow.jp/

新作ボードゲーム「卓上・ヘボコン -Hebocon-」について

新作ボードゲーム「卓上・ヘボコン -Hebocon-」が徐々に形になってきましたので、中間報告です。
(ゲームシステムとしてはすでにできあがっています)

タナゴデザインのタナゴさんにデザインをお願いして、このタイルやボードが

f:id:roy:20170613162939j:plain

こんな格好良くなりました。

(ルールも大分変わっていますが)

f:id:roy:20171005202453j:plain

f:id:roy:20171005202821j:plain

 

タナゴデザイン様のページはこちらです。

tanago-design.com

ゲーム概要はヘボコンらしく、「ロボットを作って、対戦する」というものになります。

 

コンポーネント(部品)

ゲームで使用するのは、まずは対戦で使用する対戦ボードとプレイヤーの駒。
対戦ボードは得点ボードも兼用しています。
プレイヤー駒は我が家の3Dプリンターで頑張って量産中。

f:id:roy:20171003000820j:plain

各プレイヤーは個人ボードを持ち、その上にタイルを並べます。

このほかにナットやタイマーなどを使用します。

f:id:roy:20171005202502j:plain
ナット?
タイマー?
まぁまぁ、説明は後でしますので、とりあえず先に進みます。

 

ゲームの流れ

タイルを取る

ゲームはザッとタイルを並べるところからスタートします。
そしてプレイヤー駒を2マスのタイルの前に置きます。
この辺、「パッチワーク」に近いです。
f:id:roy:20171005202550j:plain初期配置

パッチワーク 日本語版

パッチワーク 日本語版

 

 

そして、一人ずつタイルを取って、自分の手元で重ねておきます。
(この時点では敷き詰めません)
タイルを取れるのは、自分の駒から「4つめまで」。
f:id:roy:20171005202633j:plainタイルは取るだけ。まだ並べません。もうちょっと我慢。

タイルは9個まで取れるので、何個取ったかを対戦ボードにナットを置く事でカウントします。

f:id:roy:20171005215035j:plainここでナットが初登場。

タイルを並べる

タイルを各自の個人ボードに並べて、敷き詰めます。
この時置いた矢印の向きに、対戦ボード上で駒が移動します。
つまり、このタイルを置くのが「プログラミング」になります。

f:id:roy:20171005202850j:plainナットを置いたタイルの矢印の向きに駒が移動。


このゲームでは、全員が一斉にタイルを並べ始めます。
最初に敷き詰め終わったプレイヤーは、タイマーをスタートさせます。

f:id:roy:20171005202654j:plain終わった!と思ったらタイマーをON!

タイマーはカウントダウンを開始するので、他のプレイヤーは、タイマーが鳴ったらタイルを置くのを辞めます。
(つまり、タイマーを押したプレイヤーだけ、組み立て時間が他の人より短くなります)

 

点数計算

このタイルは移動のプログラミングだけでなく、点数にもなります。
埋まった目の数だけ、各プレイヤーは点数を得ます。
f:id:roy:20171005202748j:plainたとえばこの状態だと32点

あ、でも36マス全部を埋めたら「ハイテクペナルティ」です。
あくまで「ヘボコン」ですから、全部埋めるなんて頭の良いことを
する人には -8点 という重いペナルティが付きます。
(つまり全マスを埋めたら 36-8=28点 になります)

豆知識
「ハイテクペナルティ」はヘボコンの公式ルールにもあるペナルティです。

 

いよいよ対戦!

いよいよ対戦です。
各プレイヤーの置いたタイルにナットを置く事で、そのタイルに
書かれた矢印の向きに移動します。
このとき、青いナットは一度に2つまで置く事ができます。

f:id:roy:20171005202850j:plain

ルールはシンプルに「ロボット相撲」です。
4×4マスの試合場から落ちたら負けで、減点(-2点)。
そのほか加点/減点されるマスがあるのでうまく活用してください。

f:id:roy:20171005202821j:plain対戦開始時のイメージ

ナットを置いていないタイルがある場合、かならずナットを置いてアクションしなければいけません。
どうやったって落ちる場合も、です。
なにせヘボいロボットですから、自ら落ちるとか、誰にも接触せずに彷徨うなんて事は当たり前です。
そんな時は、みんなで「ナイス ヘボ!」とヘボい事を讃えましょう。

 

タイルには移動の他に、「+2点」といった加点タイルがあります。
これは実際のヘボコンの対戦で「煙を出す」「光る」といったアクションに相当します。
素晴らしいパフォーマンスや威嚇行動を行っていますが、ロボット相撲の勝敗には 一 切 関係ありません。
これも、成功したら「ナイス ヘボ!」と声援を掛けてあげてください。

決着!

そんなこんなで対戦が終わったら、最終得点を集計します。
(対戦結果で加点があります)

その点数が多いプレイヤーが勝利です。

とはいえ、実際のヘボコンも、試合としての勝敗の他に
「最ヘボ賞」という賞があり、これが大会中 最も名誉 とされます。
できればゲームの中で「誰が一番ヘボかったか」を思い出して、褒めてあげてください。

 

ヘボコンをボードゲームにするにあたって

実際に大会も行われているヘボコンをボードゲームにするにあたって、
やりたかったのは「盛り込む事」です。

 

ヘボコンは「芸術」と「技術」を融合して悪魔合体して合成に失敗したような妙~な大会です。

portal.nifty.com


でも、だからこそハードルは低く、「これなら自分もできるかも」と思わせてくれます。
(うちの娘も、自分から「ヘボコンに出場したい!」と手を上げました)
タイル + リアルタイム + プログラミング? + 対戦
と、システムについても、また使用するコンポーネントも紙・鉄(ナット)・プラスチック(プレイヤー駒)とごった煮することを心がけました。
それでも、プレイ時間は30分程度。
「ゲームになじみのない人も遊べる」と考えると、このぐらいがちょうど良いかと思いました。

ぜひ楽しんでいただければと思います。

 

厳しいスケジュールではありますが、11月には過去にクラウドファンディングでご支援いただいた皆様を対象に、特別価格での先行発売を考えています。
一般販売は12月2日(土)の ゲームマーケット2017秋 から、と考えています。

gamemarket.jp

もう少し、お待ちいただきますようよろしくお願いします。


・・・とここまで書いて思った。
これ、ゲムマ公式ブログに書くべきネタだよね。
さて、また後で書きますか。
(こっちへのリンクだけじゃ読んでくれないだろうしなぁ・・・)