読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンとサイコロ -pen and dice- BLOG

ボードゲーム制作を行う「ペンとサイコロ」のブログです。公式サイトはこちら→http://penanddice.webcrow.jp/

【新作ゲーム】コロポックル 見~つけた!

新作コロポックル 見~つけた!」は、チップを順に手渡す、トレードゲームです。

f:id:roy:20150206002316j:plain

コロポックル、は北海道のアイヌの人達に伝わる小人(妖精)のこと。

ゲームはカムイ(神様)とコロポックル達の「かくれんぼ」をテーマに、コロポックルを見つけて集める事を目指します。

「蕗(フキ)の下の小人」とも言われるコロポックルのイメージに合わせて、「コロポックルを見つけたと思ったら蕗の葉だった」という世界観を目指しました。

ゲームの概要

コロポックル(ピンク)」「蕗(フキ:緑)」の二種類のチップから、コロポックルのチップを集めます。

使うチップはこんな感じ。

f:id:roy:20150207025321j:plainチップ

逆にフキを集めてしまい、それを誰かに指摘されると脱落です。

プレイヤーは順に、隣の人にチップを手渡します。

f:id:roy:20150207030259j:plain何を渡すかは見えないように!

渡すチップは1つ2つ。(2つ渡す場合は同種のチップを2つ)

手渡す数を宣言しながら渡します。
受け取る側は中身が何かを推測して、「受け取る」「受け取らない」か答えます。
受け取らないならチップを公開し、同じ種類・数のチップを場から拾います。

つまり渡すプレイヤーにとっては、チップを差し出して
「受け取られる」→「チップが減る」
「断られる」→「チップが増える」
となります。

チップを渡す他には、様々な効果のある「カムイカード」があります。
また、フキチップを持っている人を脱落させることもできます。
(ただし失敗するとペナルティ)

ゲームは全部で3ラウンド
ラウンドごとにカードが補充され、最終ラウンドはクリア時の点数も高くなります。
最後までカードを貯めて乱打戦に持ち込むか、細かく点数を稼ぐか。
そんな駆け引きもあります。

アイヌの風を感じる?雰囲気づくり

イラストは「ぐるっぐ」さん。

 ぐるっぐさんのサイト → ぶるふぉ

可愛いイラストがコロポックルとカムイ(神様)のかくれんぼ」というテーマにマッチして、ほのぼのとした雰囲気になりました。

f:id:roy:20150206002144p:plain

情報を隠すのに「ついたて」を使うゲームがありますが、このゲームでは「袋」を使います。
確実・簡単に隠せる、丸ごと交換できるというメリットもありますが、何より袋にチップを入れてじゃらじゃらする、そんな雰囲気が袋を選んだ一番の理由です。

また、ゲームで使うセリフは全部アイヌ語(全部で7つ)。

f:id:roy:20150207225441j:plainアイヌ語セリフ一覧

アイヌ語か~、最近使ってないから忘れちゃったなぁ~」

という方のためにアイヌ語一覧もちゃんと用意しています。

ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックス)ゴールデンカムイ 2 (ヤングジャンプコミックス)話はそれますが、アイヌと言えば、「ゴールデンカムイ」面白いです

こうしてイラスト・コンポーネント・セリフで雰囲気を楽しめるよう工夫しました。

f:id:roy:20150207030350j:plain内容物一覧(取説・説明シート除く)

ぜひ この世界観を楽しんでください。

ゲームの対象

このゲーム、テストプレイで見た目の受けが良いのは女性・子供でした。
ところがゲームのルール(システム)を説明するとゲーム好きも乗ってきます。
可愛い見た目でも、中身は読み合いと、カウンティングも有効なゲームだからです。
運でも勝てます。でも、慣れてくれば読み合いができる、そんな味わいがあります。

小学生(うちの娘)からボードゲームへの興味の薄い女性(うちの嫁)まで。
ボドゲをあまりやらない人からやりこむ人まで。
幅広い層に楽しんでいただけるゲームになったかなと自負しています。

ゲーム作りの背景

そもそもこのゲームは、「うちの娘と嫁も楽しめるゲーム」を意識して作りました。
同時に発売する「陰陽賽-おんみょうさい-」は自分が好きなゲームですが、
サイコロの5面を同時に把握して戦うゲームは小学一年生にはちょっと辛い。

f:id:roy:20150207030008j:plain陰陽賽(おんみょうさい)

とはいえ子供の好きな「ぴっぐテン」「マーブルすくい」は、大人がずっと相手をするのは辛い。(両方非常に良くできた名作ゲームです。念のため)

ぴっぐテン 日本語版Monstertorte※クリックでAmazonに飛びます

「大人もガチで楽しめるけど、子供も楽しいゲーム」という、親のわがまま。

それがこのゲームを作ったきっかけです。

「子供と遊ぶときでも、大人だって全力で楽しみたい」が私のやり方で、そのための独自ルールの工夫についても過去、記事にしています。


レッツ家庭内ゲーミフィケーション - ペンとサイコロ -pen and dice- BLOG

 

そんな理由で作ったゲームだから、部品は女性・子供の大きさを基準にしています。
ゲームマーケットのカタログ写真ではもっと大きなパーツを使っていましたが、子供の手では隠しきれないため、変更しました。

f:id:roy:20141208234152j:plainゲムマカタログの写真。チップサイズが最終形の倍程度あります

ただ小さくすると安っぽく、分かりにくいので、コロポックルチップはアクリル、フキチップはガラスと材質を変えて、より直感的に分かりやすくしました。

通販とゲームマーケットのご案内

製品紹介ページからは、ルールブックをダウンロードできます。

「ちゃんとルールを読んでみたい」という方はぜひご確認下さい。

コロポックル、見~つけた! - ペンとサイコロ -Pen and Dice-

日/英両面なので、日本語ができない方とも一緒に遊べます。

※翻訳協力「サイゴウ」様。いつもありがとうございます。

 

このゲームはゲームマーケット2015大阪に出展します。(ブース:A05)


Game Market - ゲームマーケット2015 大阪

 

会場に来られない方向けには通販を行っています。(応募締切:2月12日(木))

通販ページからは5サークル、9作品が同時にゲームマーケット価格で予約でき、郵送費もまとめて安くできます。

よろしければぜひ他サークル様の作品とあわせてご購入下さい。


新作ボドゲ先行予約フォーム