ペンとサイコロ -pen and dice- BLOG

ボードゲーム制作を行う「ペンとサイコロ」のブログです。公式サイトはこちら→http://penanddice.webcrow.jp/

カラオケだって家でできる。そう、PlayStation3ならね。

PlayStation3JOYSOUND DIVE」という新しいサービス(ソフト?)が凄い。

カラオケをリビングで

サービス概要はシンプルで、
PlayStation3でカラオケができる」というもの。

Karaoke Revolution / Joe Shlabotnik

(写真はこのサービスの物ではありません)
楽曲データは名前の通りJOYSOUNDが提供し、ネットワーク経由でデータを受け付ける。


映像はいくつかのパターンの組み合わせで、
キー変更から採点機能・ガイド・ボイスチェンジャーなどの機能も一通り搭載している。
つまり「ちょっと前のカラオケ」
価格は一日チケットが300円、一ヶ月チケットが1000円
つまり1000円あれば、家でカラオケやり放題になる。


まだ全楽曲が入っていない上、検索性の悪い部分も多い。
(ソフトウェアキーボードとか、「ボーカロイド」というジャンルで検索できないとか)
だがソフト事業なので、サービスの滑り出しが好調なら今後いくらでも改善できるし、
そうなれば「本人映像」などのサービスを盛り込むことも考えるだろう。
だから「この機能が弱いからダメだ」といった揚げ足を取ることは、現時点では余り意味がないと思う。

「家でカラオケ」業界

家庭でカラオケができる機器は以前から発売されているが、
JOYSOUND DIVEでは、PlayStation3があればUSBマイクを買うだけですぐはじめられる上、
何万曲という音源が手軽に使い放題になるという手軽さが売り。

ちなみに我が家の場合は以前から専用カメラがあるため、
音質に目をつぶれば、この内蔵マイクでカラオケが可能。

PlayStationEye

PlayStationEye

本当に1000円だけで丸一ヶ月使い放題になった。


何より「家でカラオケができる」というキャッチだけでサービス概要が分かるシンプルさが素晴らしい。
当たり前に見えるかもしれないが、キー変更や何万曲という楽曲データ、採点機能など
「この機能が無いのはカラオケじゃない」
と言われてしまう機能が、日本の完成されたカラオケには多い。

Karaoke at Shibuya / St〓fan

だから、その部分をきちんと搭載しなければ、
「家でカラオケ『的なこと』ができる」になってしまう。
この意味で、「手軽」かつ「基本機能を網羅」を両立させたJOYSOUND DIVEは他と一線を画していると思う。

PlayStation3というサービス

PlayStation3といえば言わずとしれたSONYの据え置き型「ゲーム機」だが、
このブログでは以前からこれはゲーム機でなく「ホームコンピューター」であると力説してきた。

今回のJOYSOUND DIVEも、その一環と言って良いと思う。
・リンク → torneが凄い − わかりやすさを、コーディネート

未来のお部屋に必要なのは

最近注目されていた記事で、「未来なお部屋を作ってみた」というのがあった。
・リンク → 引越ししたので未来なお部屋を作ってみた。 − お前の血は何色だ!! 4
これが正解かどうかはともかく、家電の高度化が進めば、この記事のように
セントラルコンピューターと、そのインターフェースが必要になるのは間違いない。
家電業界で液晶テレビ戦争が起こり、結果として各社が赤字に陥っているのは周知の事実だが、
各社が大型テレビに拘ったのは、単純にリビングの真ん中にあり目立つだけでなく、
将来にはテレビがホームコンピューターの役割を持つと考えていた会社も多い。


だがやはりテレビはテレビであり、コンピューターはコンピューターで別になるのではないか。
そしてそのホームコンピューターの地位を狙うのはApple TV等のSTB(セットトップボックス)やハードディスクレコーダーだけでなく、
据え置き型ゲーム機であり、現段階でその地位に一番近いところにいるのはSONYPlayStation3ではないか。

Apple Apple TV MC572J/A

Apple Apple TV MC572J/A

PlayStation3の可能性

Microsoft陣営(Xbox360Xbox Liveで統合プラットフォームと、
Kinectで新しいインターフェースを狙っており、Kinectの累計出荷台数はなんと800万台を越えたらしい。
この点では一歩も二歩も進んでいると言える。

Xbox 360 Kinect センサー

Xbox 360 Kinect センサー


もう一方のWii任天堂はお茶の間をコンセプトにWiiの間を発表するも全体的には今ひとつ。
PlayStation3と同じくJOYSOUND Wiiの名前で同様のサービスを行っているが、こちらは
利用チケットと別にソフト代4,200円(マイク込み)が必要。
(発売元はハドソン
ミニゲームを用意したりと子供向けにも配慮しているが、これはむしろ「カラオケ」から離れるので逆効果に思える。

カラオケJOYSOUND Wii SUPER DX お買い得版

カラオケJOYSOUND Wii SUPER DX お買い得版


PlayStation3tornePlayStation3用地デジチューナーで、録画機能付きで一万円以下という価格と、
PlayStation3のCPUを生かした快適操作を売りに、累計出荷台数は100万台を突破した。
我が家でもゲームはしていないのに、torneは毎日稼働している。

torne (トルネ) (CECH-ZD1J)

torne (トルネ) (CECH-ZD1J)

自分はSONY信者でも、SONYSCEからお金を貰っているわけでもないが、
PlayStation3なしではテレビも見られないのなら、さっさとホームコンピューター化して一元管理してしまいたい。
ということで、完全に個人的なお願いとして、もっとホームコンピューター化が進んで欲しいなぁ。
あと、本体とソフトの起動時間を短くして欲しいなぁ。