ペンとサイコロ -pen and dice- BLOG

ボードゲーム制作を行う「ペンとサイコロ」のブログです。公式サイトはこちら→http://penanddice.webcrow.jp/

消費者「間」金融

電車に乗って思うのは消費者金融の広告が今でも多いこと。
電車の中吊りなんてのはなかなか広告効果が測定し難いので、余裕のある企業でないとなかなか難しいそうです。
そんな中吊り広告やらテレビCMをがんがん打てるってことは、消費者金融ってまだまだ儲かるんだね。


で、見ていると消費者金融の利率は12〜18%とか。ふぅん。
自分の金を預けたら?定期預金で高いのでも1%行くか行かないか。普通預金なら0.2%とかか?
とりあえず比べもんにならんねぇ。
このマージンはでかいなぁ。
そりゃ広告も打てるはずだ。


ということで「貸すと安い、借りると高い」金利を是正すべく、
「貸したい人、借りたい人」のマッチングサイトなんてのはあったらどうなんだろう。
アメリカでは実際にあるらしいね。
借りたい人は「借りたい理由、金額、予定利率、返還予定、信用情報」を公開して貸主を募る。
貸したい人は「この人で、この利率なら貸してもいいか」という人を選んで貸し付ける。
そりゃ〜、リスクも高いし、返せなかったらどうするんだという部分のリスクヘッジも大変だろうけど、
それを補って余りあるぐらい貸し手と借り手のギャップってのはあるんじゃないでしょうか。


借りる側にも信用情報が求められるから、「パチンコやりたいから貸してくれ」は通じなくなるし、いいと思うんだけどね。
ただ日本で実際にこのサイトを開設しても、個人情報を出したくないという人が多いから
借主側に人が集まらないかもね。
でもそこを隠すと貸す側に信用情報が見えなくなるし。う〜ん、行き過ぎた「個人情報保護」社会にも困ったもので。