ペンとサイコロ -pen and dice- BLOG

ボードゲーム制作を行う「ペンとサイコロ」のブログです。公式サイトはこちら→http://penanddice.webcrow.jp/

次の世代の高級品

身に着けるものというのは当初の機能性アップが終わるとすべからく装飾品として高級品が出てくるようです。
服もそうだし時計やめがね、各種宝石なんかはそうでしょう。
(宝石なんかも元々は呪術や祈りの目的があったでしょうし)
軍人だと拳銃がそれに当たるそうです。偉い人ほど自分のこだわりの拳銃を身に着けたがるらしい。
拳銃って戦場だとあまり役に立たないんだってね。射程も短いし。だから本質的な性能より装飾品の意味合いがあるらしい。以上聞いた話。


と考えると今身に着けるものでまだ高級化がほとんど進んでいない、というとやはりイヤホンでしょうか。
もちろんノイズキャンセルをはじめとする機能面ではまだまだ技術的進歩が続いていますが、
宝石を入れたりといった高級志向に関してはまだ少ないと思います。
(一部あります)
高級化に関しては本来の機能が完全にコモディティ化して、基本機能に関して差別化が難しくなる必要があります。
例えば腕時計なら「時間が分かればいい」、
メガネなら「見えればいい」、
その基本機能は当然のように満たしつつ、差別化をしようとして宝石を付けるような趣向になっていくんでしょう。


先の意味でイヤホンがコモディティ化したのか、というのはまだ難しい段階ですが、
基本性能に関しての問題はほぼ無いといっていいでしょう。むしろ断線とかの方がまだまだ問題。
そんなイヤホンに対して、音楽メーカが宝石をあしらった高級品をリリースして販売していってはどうでしょうか。
もちろん楽器やイヤホンのメーカに宝飾の知識が無いことは分かりますが、そこで宝飾メーカとタイアップするとその商品は「打ち上げ花火」になって
その一回で終わりになります。
最初は馬鹿にされようとも、最終的には高級なイヤホンがロレックスやオメガと並んで販売されるようになることを考えれば
イヤホンのメーカがじっくりを商品を育てていくものじゃないかなと思います。


せっかくiPodによって急激に盛り上がったこのイヤホン市場。このタイミングでもって高級化路線を進み始めるメーカの一つぐらいあってもいいんじゃないでしょうか。