ペンとサイコロ -pen and dice- BLOG

ボードゲーム制作を行う「ペンとサイコロ」のブログです。公式サイトはこちら→http://penanddice.webcrow.jp/

フィリピンと日本と常識

仕事でフィリピンに行きました。
実は5歳までフィリピンに住んでいたので、自分にとっては日本と香港に続く「第三の故郷」だったりするんですが、来るのは帰国以来四半世紀以上ぶり。

 

住んでいた当時は電力が足りなくて輪番停電があったとか、国際電話を掛けるためには半日かかったとか色々と親から聞いていましたが、そういう事情はさすがにクリアされていました。
しかし時代に応じて通信事情や電力事情が回復しても、逆に言えばそれ以上の発展には失敗した国、というのが訪れた実感です。
首都マニラの中にもそこかしこにスラムがあり、街のあちこちには警官が立ち、銀行の入り口にはショットガンを構えた警備がいる、果てはショッピングモールやホテルに入る際に簡単な手荷物検査があるなど、全体的に治安の悪さを伺わせます。
(つい先月末にも大きなテロがあったため、国全体で警戒レベルを上げている最中だったという事情はあるそうですが)

f:id:roy:20180808191939j:plain

 

そんな国に住む彼らにとって日本は今でも「進んだ優れた国」という印象だそうで、空港からホテルに向かう際には、タクシーの運ちゃんが「お前日本人か。この道路も日本が作ってくれたんだ」と日本政府が共同プロジェクトとして作った道路を嬉しそうに指してくれました。
そういやマレーシアもそうでした。
クアラルンプールでも「この道路は『オオバヤシ(大林組)』が作ったんだ」と言われました。
日本に居るとなかなか実感がわきませんが、ODAやら円借款やらで海外のインフラの作るのは、地味なようで結構効くんですよね、本当に。
中国が「一路一帯」で必死にインフラ整備に走るのも、お金と共に「中国の地位を上げる」という意味があるのかと思います。

続きを読む

近況報告と「陰陽賽」の廃盤について

ここのところバタバタしていてブログが全然更新できていません。
暑くて夏バテしてて睡眠時間を長く取っているせいもあるんですが、

  • 7/14 ボドゲフリマ8 in 三宮(出展)
  • 8/ 4 京都アートビレッジ in アリオ八尾(出展)
  • 8/11 ヘボコン神戸(家族で出場)

とイベント盛りだくさんの上、東京・名古屋・上海・フィリピンと出張も多く、
さらには地震やら大雨やらで仕事のスケジュールもぐちゃぐちゃになるなど、
とにかく公私ともにいろいろ盛りだくさんな毎日です。

 

そんな中、新作の検討も始めていますが、その裏で廃番もあります。

続きを読む

「グレイテスト・ショーマン」が凄かった

出張で長距離移動する時は映画を見ることも多いので、Twitterで備忘録程度には残すようにしています。

で今回見たのは、ヒュー・ジャックマン主演の「グレイテスト・ショーマン

他にも見たけど、とにかく、これがとんでもなく良かった。

なんか見ながら感覚的には1/4ぐらいは泣いてた気がする。

この感想はとてもTwitterに書き切れるもんでは無いので、こちらでウザく熱く語ってみようと思います。


 

そもそもなんで見ようと思ったかというと、出張先で親会社の相談役が熱く語っていたから。

いつもは穏やかなタイプの人で、そもそも映画の話なんてしたこと無いのに、この映画に関しては「とにかく話もいいけど、歌がいい。覚えたくて4回も見た」そう。

そこまでベタ褒めするなら、と思ってみたら、これが本当に良いのなんの。

そらサウンドトラックも欲しくなるわ、これ。


 

映画の筋立てはシンプルで、「くたびれたサラリーマンが、会社の倒産を機に一念発起し、ショービジネスで成功する」というもの。

映画のジャンルとしてはミュージカル、時代背景は1920年代頃のアメリカ。

成功したと思ったら増長して破滅、その内省から大事な物を思い出しての再生。

もうね、筋書きも舞台装置もベタ。

ベタの中のベタ。

「真っすぐいって ぶっとばす 右ストレートで ぶっとばす」

これを正面切ってやる時点で偉い、というか凄い。


 

そしてそのコンセプトを、エンターテインメントとして、ちゃんとものすごいレベルで完成させてくるのが恐ろしい。

続きを読む