ペンとサイコロ -pen and dice- BLOG

ボードゲーム制作を行う「ペンとサイコロ」のブログです。公式サイトはこちら→http://penanddice.webcrow.jp/

台湾ボードゲーム紀行『その7. JOOL桌上遊戲俱樂部』

台湾紀行の七件目は「JOOL桌上遊戲俱樂部」。

今日は基本的に写真はありません。

こちらは老舗のゲームショップです。

JOOL桌上遊戲俱樂部について

Facebook - JOOL桌上遊戲俱樂部

www.joolbgclub.com

さすがに老舗、FacebookもWEBもしっかり更新されています。

設立8年?だったかと思いますが、当時はプレイスペース兼ショップだったそうです。

それが取り扱いが増える中で、オフィスが在庫で埋まり、ショップ専門に。

現在は大改装中で、今後はよりネットに注力したショップになっていくとのことでした。

 

そんなわけで店舗の写真も基本的にはありません。

 

店内の様子

お邪魔して撮った写真はこれ一枚。

帰り際にスタッフの皆さんと撮影させて頂きました。

f:id:roy:20161230210155j:plain

見ての通り、全体が在庫のラックで一杯になっているのが見えるかと思います。

代理店は欧州、米国で大きいところがそれぞれ一つ。メインはそうした欧米との取引ですが、一部日本の物も確認できました。

 

お店にお邪魔したのは商談ですが、月水金の夜八時(日本時間では夜九時)から生配信を行われていて、それに参加を打診されました。

その配信がこちら。

配信はやはりFacebookから。強いですね、Facebook.

そして見て頂ければ分かりますが、前半はオークション。生配信の目玉はオークションなんですね。

日本にもこういうのはあるんでしょうか?始めて拝見したので新鮮でした。

 

店舗情報

電話 +886 2 2712 7636
住所 台北市松山區復興北路415號2樓
営業時間 15:00〜22:00

 

そんな訳で、店舗の場所は公開されているので紹介しますが、ポンと飛び込んで買い物が出来るのかはちょっと自信がありません。

購入目的なら、別のショップにまず行かれる方が良いかな、とは思います。

 

生配信について

生配信のオークションも新鮮でしたが、拙作の「三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい」をどこからともなく引っ張り出してそのオークションに掛けられたのは驚きでした。

penanddice.webcrow.jp

なにやらゲームマーケットかどこかで検討用に購入したまま、封も切っていなかったとのこと。

喜んで良いのやら悪いのやら。

「オークションやるよ」と言った途端に日本のサイトをチェックして

 ー「定価は2500円だ」

 ー「それって台湾元だといくら?」

 ー「自分で調べろよ、690元だ」

なんてコメントが流れるのはなかなか面白い体験でした。

一点限りということもあってか、結果は定価を大きく上回り、作者として面目は保てたかなという感じです。(落札品にはサインさせて頂きました)

 

このオークションは集客の目玉ですが、配信をする目的は「ルールの説明」が大きいそうです。

ルールの分からないゲームにはアートワークだけではなかなか手が出せないので、ルール解説の配信をすることで、売上が増えるきっかけになると。

「特に文字ばかりのルールはみんな読んでくれないからね」

うう、耳に痛い・・・

英中ちゃんぽんの配信でしたが、司会の彼の見事な采配でスムーズに紹介頂けました。

いや、これは本当、こっちも勉強しなきゃならんですね。

 

プレイスペース、Facebook、WEB、店頭、配信。

色々な媒体を使ってボードゲーム市場を広げている、台湾スタイルを学ぶことが出来ました。

 

日本のルール説明やプレイの動画配信ってどのぐらいあるんでしょうか。

Podcastはたくさんありますけどね。

特に若い方は動画文化なので、普及するには動画が大事だよ、とのこと。

私も出来てませんけどね・・・反省。

特に新作「百怪夜行」のルール説明動画を作って頂ける方、募集中。

作って頂けるならゲームを喜んで差し上げます。

(既にお持ちの方には他のゲームをどれでも一つ差し上げます)

penanddice.webcrow.jp