ペンとサイコロ -pen and dice- BLOG

ボードゲーム制作を行う「ペンとサイコロ」のブログです。公式サイトはこちら→http://penanddice.webcrow.jp/

台湾ボードゲーム紀行『その3. 秘密基地桌遊專賣店』

台湾のプレイスペース三件目は「秘密基地桌遊專賣店」。

2010年開業の新しい地下鉄駅、「行天宮駅」から歩いてすぐの好立地にあります。

秘密基地桌遊專賣店について

Facebook - 秘密基地桌遊專賣店

こちらもWEBサイトは無く、Facebookページだけ。

駅からは近いのですが、細かい道の多いエリアで、初めてだと探すのに苦労するかもしれません。

f:id:roy:20161227142320j:plain

 

店内の様子

開店直後に伺ったので、お客さんはいらっしゃいませんでした。

台湾としては寒い日で、小雨もぱらついていたので、客足はかなり鈍い日だったのだと思います。

f:id:roy:20161227142438j:plain

しかし、お客さんが居ないはずなのに左のテーブルに駒が・・・

f:id:roy:20161227143510j:plain

これ、「常連がテラミスティカをやっている途中」とのこと。

どうも、何日もかけてプレイするらしく、途中中断して帰っては続きをプレイするそうです。

自由だな!台湾人。

前にも書いたとおり、喋りながらプレイするのが台湾式なので、こうした重たいゲームでは一日で消化しきれないんですね。

これを見ても、決して台湾のゲーマーが重いゲームをしないわけでは無い、と分かります。

 

プレイ用のゲーム棚。

f:id:roy:20161227142443j:plain

「専売店」という名前の通り、他のプレイスペースに比べて、販売スペースが大きいのが特徴でした。

 

いいな、と思ったのは受付に置いてあったゲーム紹介ノート。

f:id:roy:20161227142626j:plain

人数や時間といった基本情報に加えて、びっしりと特徴が書き込まれています。

かなり手間の掛かった作りで、これには感心しました。

 

店舗情報

電話 +886 2 2517 5217
住所 松江路259巷31號 台北市
営業時間 13:00~22:00

お店にいた店員はあまり積極的でなく、英語も苦手だったので、残念ながらあまりお話を伺えず。

f:id:roy:20161227143629j:plain

あとで話を聞いたところでは、このお店は「美人オーナー」が有名だそうです。

f:id:roy:20161227142618j:plain

確かにチラシでもなんでも、この女性がそこかしこに登場します。

モデルとしても有名な方だそうで、運が良ければこの女性と一緒にプレイ出来る!

ということで、「あそこは男性プレイヤーが集まるんだよ」というコメントも・・・

 

実は別の日に前を通りかかったところ、その美人オーナーらしい人が卓を囲んでいたのですが、時間が無くて挨拶は断念。

いやぁ、ご挨拶したかったなぁ。