読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンとサイコロ -pen and dice- BLOG

ボードゲーム制作を行う「ペンとサイコロ」のブログです。公式サイトはこちら→http://penanddice.webcrow.jp/

台湾ボードゲーム紀行『その1. 漫果子桌遊-士林店』

台湾に行ってきました。

家族旅行ではありますが、その中の(少なからずの)時間を使って、台湾のボードゲームショップやプレイスペース巡りをやって来ました。

その結果を、順に報告させて頂きます。

 

なお、紹介のフォーマットはニコボドさんのサイトに詳しいので、こちらを参考にさせて頂きました。

私よりもよほどたくさんの場所を、しかも実際に遊んで紹介されている場所もありますので、併せてぜひご参照下さい。

nicobodo.com

漫果子桌遊について

Facebook - 漫果子桌遊-品牌總部

漫果子桌遊MGZ BOARD GAME

台湾内で10店舗(2017年1月2日時点)を抱えるボードゲームショップ/プレイスペースのチェーン店。

私がお邪魔した士林店は、なんと開店2週間とのこと!

まだゲームが順次到着しているような状況で、お邪魔したときにも店長がゲームを開けられていました。

f:id:roy:20161227111000j:plain

一番の特徴は子供向けのサービスも行っていること。

教育目的なのか、託児目的なのかはちょっと聞き取れませんでした。

ちなみに1元=3.8円程度なので、900元は3,500円程度になります。

f:id:roy:20161227111010j:plain

 

士林店の様子

開店直後ということで、店内にはまだ開店祝いの花がありました。

こちらの棚は販売スペース

f:id:roy:20161227111703j:plain

こちらはプレイ用の棚。

f:id:roy:20161227111707j:plain

グループ内でも、このお店にしかない、と店長が自慢していたのが「土足厳禁スペース」。

「寝転んで、ゲームしても本を読んでいても良い場所です」

f:id:roy:20161227112112j:plain

店舗情報

電話 +886-2-2881-1556
住所 台北市士林區中正路335巷1號
営業時間 11:00~22:00


 

店長は英語がほとんど話せませんが、Google翻訳を駆使して必死にコンタクトを取ってくれました。

開店直後でお客様がいなかったとはいえ、貴重な時間を頂いて感謝です。

 

ゲームを作っていると伝えると、「ぜひ教えて欲しい」ということでその場で拙作「陰陽賽」をプレイ。いちど遊ぶと仲良くなれます。これも本当に感謝。

f:id:roy:20161227115639j:plain

最後にオススメのゲームを聞いたところ、「台湾の映画をテーマにしたゲーム」を2作紹介してくれました。「INCEPTION」「風?年」どちらも存じ上げませんでしたが、台湾ゲームを紹介したいという想いは伝わりました。

f:id:roy:20161227121259j:plain

「LINE IDは『0911978784』です」と教えて頂きました。

「みんなに伝えて貰って、お店に来るときには、ぜひ予約して下さい」ということでした。

 

台湾では「Facebook」「LINE」がコンタクトツールとしては二強のようです。

 Facebook > LINE > WEBサイト > 電話

という感じでしょうか。

Twitterは名前すら聞くことは無く、頂いた名刺にもアカウントは一切記載がありませんでした。

台湾に向けて情報発信を考えられているなら、Facebookでの情報発信も必須、ということですね。

 

こんな感じで、お邪魔した店舗を一店ずつ紹介していこうと思います。

「これが知りたい」という事がありましたらコメントなどでご質問下さい。

分かり範囲で回答させて頂きます。