読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンとサイコロ -pen and dice- BLOG

ボードゲーム制作を行う「ペンとサイコロ」のブログです。公式サイトはこちら→http://penanddice.webcrow.jp/

学童にボードゲームを寄付して、その後

娘を学童保育に行かせていますが、学童保育の入所者数は年々増え続けているそうです。

全国学童保育連合協議会

少子高齢化の中にあって、年間4万人ペースで増え続けているとか。

うちの小学校もご多分に漏れず、「第二学童」を増設。

すでにその収容人数も限界に近づいており、遠からず「第三学童」を設置する可能性があるそう。もう場所もないんですがどうするんでしょうか。(人ごとじゃありません)

 

寄付のその後

前にも書いたとおり、拙作コロポックル 見~つけた!」は娘の通う「第一学童」に寄付させて頂いています。

しかしこの前確認したところ、箱も中身もボロボロに。

箱はボロボロになり、何度も補強されていました。

f:id:roy:20150926170104j:plain

中身はこんな感じ。

ゲームに使用する袋は6個→3個になり、ルールブックも行方不明。

f:id:roy:20151114150505j:plain乱雑に放り込まれたチップの数々

チップも角が削れている状態。「手渡し」のゲームでここまでボロボロになるのか?

f:id:roy:20151114150518j:plainプラスチックのチップの角が削れています

「もうゲームとしては使われてなくて、おままごとの部品になっているのかな・・・」

そう思いましたが、何にせよ使われているのはありがたいことなので、新品の寄付をご提案、それにあわせて「第二学童」への寄付も申し出ました。

 

実は遊ばれていた

先日、学童で「餅つき大会」があったので、その際にお話をさせて頂きました。

f:id:roy:20151206203440p:plain餅つき大会の様子

第二学童さんへも寄付をさせて頂きたいのですが。

「ありがとうございます!みんな喜びます!」

そう言って頂いて光栄です。ではルールの説明を・・・

「いえ、ルールはみんな散々遊んで知っているので結構です」

え?でも第二学童にはこのゲームはありませんよね?

「土曜は人数が少ないから、第一・第二で合同保育なんです。だからその時にいつも遊んで知っています」

ああ、なるほど。じゃあ、ちゃんと遊ばれてるんですね。

「もちろん。第二学童では土曜保育の子だけが(「コロポックル 見~つけた!」を)遊んでいるので、他の子が話を聞いて羨ましがっているんです。だから第二(保育)に置いて頂けるのはみんな喜びます」

なるほど。

片方だけ寄付した状態は良くないなと話を伺ったところ、合同保育で一緒に遊ぶ際に知る機会があるとのこと。

とにかく、寄付を喜んで頂けたこと、なにより以前に寄付させて頂いたゲームが予想外に遊んで頂いて評判の良いことも知ることができて、制作者としても非常に嬉しい誤算でした。

ちなみにあのボロボロのチップ、プラとガラスのチップを子供が興奮して握り込むので、ああして削れるようです。なるほど、本当に遊んでくれているからああなったんだ。

嬉しいなぁ。

 

定点観測ができるありがたさ

娘のお陰でコロポックル 見~つけた!」学童保育における活用状況は定点観測ができています。

遊ぶ方の好き嫌いもありますし、ゲームが周りで日々遊ばれるわけではありません。

こうして遊ばれる場があり、その状況を確認できることは制作者としてありがたいことです。

 

ちなみに「陰陽賽」も持っていて遊んでみたところ、低学年でもバッチリ遊べました。

3人プレイで 28点 vs 28点 vs 41点 と、もちろん圧勝

接待プレイなんかしませんよ!

うまく転がして「6」を4つも並べたら、子供達に尊敬の目で見られました。

よしよし、崇めろ。

f:id:roy:20151205140614j:plain

というわけで気に入って貰えたので、こちらも寄付。

う~ん、寄付ばっかりしてたらこっちの身が持たんな。

だめだよ、子供に喜ばれたら寄付しちゃうから。

ボードゲームを学童に置くには

「先生にルールを理解頂くこと」「ゲームを気に入った子が複数いること」

が重要です。その二つを満たさないと継続して遊ばれません。

そして普通はこのハードルが結構高い。

「陰陽賽」は子供2人がプレイして気に入ってくれたので寄付しました。

 

というわけで今後も学童保育情報は更新するかも。

学童に行って困るのは「三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい」が紹介できないことですかね。

ゲームは簡単で楽しめるでしょうが、「遊郭で朝帰り」というテーマの説明が小学生にはちょっと、ねぇ・・・。

 

そしてコロポックル 見~つけた!」もよろしくお願いします。

北海道の方はカムイゲームズ様で購入されると輸送費が安いです。

KAMUI GAMES | 札幌のボードゲーム通販専門店

カムイゲームズ様は「コロポックル 見~つけた!』北海道をテーマにしたゲームだから、北海道のお店でも取り扱って欲しい」という思いで取り扱いをお願いしました。

他店舗は取り扱い状況をご確認ください。(扱われていない店舗もあります)

よくわからなかったらこちらから連絡ください。