読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンとサイコロ -pen and dice- BLOG

ボードゲーム制作を行う「ペンとサイコロ」のブログです。公式サイトはこちら→http://penanddice.webcrow.jp/

休もう。倒れても、退職しても、生きていれば終わってない。

医療

「会社を辞めました」が話題になることが時々ある。
今回も過労から鬱になった方のエントリが流れてきた。
・リンク → @suniのブログ「ニートですが?」: 頓智ドットを退職した
この手のエントリでIT系が多いのは、単に職業柄ネットでの露出が多いからだろう。
大きな会社は、社名を出して実名ブログを書くことを嫌がるところが多いだろうし。
なんで会社名を晒すのがいかんのかね。

過労や鬱で倒れた人が、弱い訳じゃない

鬱でも過労でも、無茶して倒れるまで行っちゃう人は概して真面目な人が多いと思う。

Top 45 Out-of-Office Responses / methodshop.com

まぁ、自分は真面目でも無いのに倒れましたがね。
上のエントリで気になったのはこの部分。

「体壊したあげく退職」と書くと次の転職に差し支えあるかもしれませんが、
他に退職の理由がないし、嘘つくのもイヤなので書きました。

自分は、転職の面接時にこの辺は正直に伝えた。
「前職で仕事中に倒れて病院に運ばれました。
 休職扱いにしてもらえなかったので有給+長期休暇で都合一ヶ月休みました。(ちょうど年末だったため)
 (一部省略。一応これでも色々配慮)
 結局、辞めることにしました。」

今でも、「80%以上の力を出し続けると倒れるので、無理はしません」と公言している。本当に。
でも、大丈夫。
自分で言いますが、意外に周辺からの評価は良いそうです。ありがとうございます。


うちの会社が全てでは無いし、鬱や過労に対する偏見は実際にあるのだと思う。
でも、そうでない会社は確実にある。
だから無理に、そういった情報を隠す必要も無いと思う。

今の会社の考え方が、全てではない

ネタバレになるので詳細は省くが、人気漫画宇宙兄弟でもPD(パニック障害)が描かれる。
宇宙兄弟(1) (モーニングKC)
雑誌は捨ててしまったので、細かいところは間違っているかもしれないが、
NASAのある担当者はパニック障害を起こした経験のある人間を使うのは、リスクではなくただの『毒』だ」
と表現する。
企業として、集団としてわざわざリスクのある人を使いたくないという気持ちは正直なところだろう。
でも、そんな会社ばかりではないというのも事実のはずだ。
一つの業界の中でも、会社によって考え方は違うだろうし、業界を気にしなければその差はもっと大きくなる。
実際に、自分が転職したのは同じ業界内だが、会社の雰囲気も考え方も全く違うことにものすごく驚いた。

治らなくったって、別に構わない

宇宙兄弟で描かれるPD(パニック障害)でも、他の精神疾患でも、
病気にあると「治らなければ」という強迫観念がまた悪い循環を起こすことが多い。
「ゆっくり治せばいいから」とか「無理しないでいいよ」というのは、別に本人にとっては何の気休めにもならないと思う。
その、「治す」という方向性自体が、本人を追い詰めると思う。


個人的な考えとしては、正直、「無理に治さなくても良い」と思っている。
例えば、自分は「反応性鬱病と診断されたが、今でも完治したとは思っていない。
ものすごく怒られるようなシチュエーションがあれば、頭から血の引くような感覚があり、
手足がしびれて、そのままブラックアウトして倒れる、というのがまた起こるだろう、と思う。
でも、治る物とも思っていないし。
例えば年を取ると筋力も落ちるし、目も悪くなる。
老眼を「病気」と言ってしまえば、これは「不治の病」になる。
でも、高齢化による体調の変化と捉えれば、それといかに付き合うかを考えるようになる。


自分は、前の会社で、病気によって体質が変わってしまった。
だから、あの会社では働けなくなった。
だから、今の会社が自分の性に合っている。
それでいいんじゃないかな。

退職も、転職も、恥ではない

退職も、転職も、今の時代に恥ではないし、
これだけの会社があると言うことは、それだけの働き方があるということ。
自分のスキルや会社の将来性を基準に働くのも当然一つの考え方だが、
自分の体調を基準に、働き方で会社を選ぶというのも立派な会社選びの方法だと思う。
気に入った働き方がなければ自分で会社を作れば良いわけで。


とにかく、無理して倒れてしまった人は、ゆっくり休めばいいと思う。

Deborah rest in his favorite place / br1dotcom

(大体猫なんか、一日22時間ぐらい休んでいるわけで)
休んで、余裕が出たら自分でどうするか考えれば良い。
死ぬまで働くことはないっすよ。
生きていればなんとかなる、と思う。
ていうか、なりました。
経験者より。