ペンとサイコロ -pen and dice- BLOG

ボードゲーム制作を行う「ペンとサイコロ」のブログです。公式サイトはこちら→http://penanddice.webcrow.jp/

となりのうちの、悪の組織

「悪の組織」って、例えばどんな組織だろう。
特撮やアニメではなじみの悪の組織だが、日常生活で見かけるわけではないので
なかなかイメージがしにくいんじゃないだろうか。
はじめてのあく」や「サンレッド」のように、日常に悪の組織がいる世の中ならともかく、
はじめてのあく 1 (少年サンデーコミックス)  天体戦士サンレッド 1 (ヤングガンガンコミックス)
そうでない現代日本における悪の組織の例を考えてみよう。


ちなみに「現代」「日本」というのも重要。
時代や環境によって考え方もとらえ方も変わるので、前提条件がそろっていなければいけない。
例えば江戸時代において、二大悪の組織は「洋学」と「キリスト教」ではないだろうか。
洋学(蘭学)は政治的な思惑もあって長く規制されたし、
キリスト教に至っては実際に一揆島原の乱)を起こしている。

いろいろな物を征服する組織を考える

現代日本において、「世界征服」というときに、国家転覆を狙うことはイメージしにくい。
手間がかかる上に、リスクが大きすぎる。
では何を征服するのか?


ちなみにフツーに考えると暴力団(ヤクザ)とか、カルト宗教(オウム真理教など)とか、
過激派(日本赤軍)なんかが本当の「悪の組織」なんだろうけど、
まぁ、ネタと言うことでそういうのは抜きにして考えますよ。その辺、ツッコミは無しで。

ケース1:時間を征服する

面白いゲームを考えて、みんなに提供する。
とても面白いのに、なんと無料で!
みんなは喜んで飛びつくが、簡単な操作ではあるがやたらと時間を取られる。
また、最初は無料だったはずなのに色々と課金されていて、気づいた頃には大きな金額になっている。

ドリランド Doriland / Zengame


毎日がんばって働きながら、その時間をゲームに取られ、働いたお金もゲームに取られる。
まさに、人の生活を支配する、「悪の組織」じゃないだろうか。

Playing Pachinko / Commodon


・・・というのを思いついた。
思いついただけです。
上記はフィクションです。
画像は本文と一切関係がありません。
ていうか元ネタは「モモ」の「時間どろぼう」です。

いや、本当に怖いね。
こんな会社が何百億も稼いでテレビCMをバンバン流して・・・みたいなことが起こったら。

ケース2:情報を支配する

会社の資産は「人・物・カネ・情報」と言われる。
戦争でも、軍隊の強さや兵力よりも、むしろ的確な情報を持った方が強い事は多い。
では、生活の全てを一つの企業が握っていたら?


その企業はあなたの住所も、経歴も知っている。
買った物を知っている。
買おうと思った物も知っている。

Books from amazon / Aurelijus Valei〓a

自宅だって写真に撮られている。
あなたの過去・現在・未来はその会社に全部見られている・・・かもしれない。
「悪いことはしない」となっていた創立当時の社是はいつの間にか消え、
「全ての情報を把握する」という目標に向けて突き進んでいく・・・

Google / warrantedarrest


こちらももちろんフィクションです。
画像は本文と関係ありません。
ていうか元ネタは「マイノリティレポート」です。

あの映画のインターフェース、できたらいいね。


・・・ということで「世界」を「征服」っていうと
今では営利企業の活動自身が一番近いんじゃないかなと。


本当はこのネタでもう一つ二つ作りたかったんだけど、
あの会社を悪に仕立て上げきれなかった・・・

Apple Sydney Open / marcleh

Androidのまだ元気でない、数年前なら悪の組織に仕立て上げられたかも。

参考まで。今までの悪の組織論シリーズはこちら。
・リンク → 悪の組織は創立何周年?−わかりやすさを、コーディネート
・リンク → 悪の組織が、滅びる瞬間まで自信満々な訳−わかりやすさを、コーディネート
・リンク → 悪の組織は、なぜ懲りずに正義の味方に負け続けるのか−わかりやすさを、コーディネート
・リンク → 悪の組織を傾けているのは科学者じゃないか?−わかりやすさを、コーディネート
・リンク → 悪の組織は失敗した幹部をどう処置すべきか−わかりやすさを、コーディネート
・リンク → 悪の組織の目標はなぜ「世界征服」なのか−わかりやすさを、コーディネート
・リンク → 僕が『イーッ!』以外の発言権を得た日のこと−わかりやすさを、コーディネート