ペンとサイコロ -pen and dice- BLOG

ボードゲーム制作を行う「ペンとサイコロ」のブログです。公式サイトはこちら→http://penanddice.webcrow.jp/

あったらいいかな?サイレントマイク

前回の記事で家庭でできるカラオケ、JOYSOUND DIVE」を紹介したが、
実際に家でカラオケをしようとするとちょっと問題がある。
それは「うるさい」ということ。

Day 8: Shout, Come Everyone, Shout! / Bryan Gosline

当たり前。
・リンク → カラオケだって家でできる。そう、PlayStation3ならね。 - わかりやすさを、コーディネート


家でカラオケをするなら、当然大きな声を出すことになる。
自宅でカラオケボックスと同じ事ができても、大きな音を出せなければ結局ストレスが溜まる。
実際にコメントでもこういう意見を複数頂いた。


ということで新商品案。
こんな商品があったらいいんじゃないか。

家カラオケ用マイク

家カラオケ用、「サイレントマイク」があったらどうか。


サイレント楽器は近年じわじわと売れている、らしい。
YAMAHA サイレントギター ナチュラル SLG110Sヤマハ サイレントバイオリンブラックスパークル SV-150-BLS◎YAMAHA サイレントブラスシステム SB3-9フレンチホルン用
それぞれ左からサイレントギターバイオリンホルン(ユニット)
ヤマハが以下のようにラインナップを増やしていることが市場拡大の要因だが、
これだけのラインナップを揃えると言うことはそれだけ市場性があるということだろう。

  • 1993年 サイレントピアノ
  • 1994年 サイレントグランドピアノ
  • 1995年 サイレントブラスシステム
  • 1997年 サイレント・セッション・ドラム
  • 1997年 サイレントバイオリン
  • 1998年 サイレントチェロ
  • 2001年 サイレントギター
  • 2002年 サイレントビオラ

(表記の点の有無は公式ホームページに準拠)
どれも無音で練習や録音ができるということで人気らしいが、今回のアイデアはそれのマイク版。


イメージはこんな感じか。

(フリーハンドマウス一発描きなので汚いのはご容赦下さい)
マイクで集音と消音を同時に行い、自分の声とカラオケの音はヘッドフォンで聴く。
サイレント楽器は音をそもそも出さないようにしているが、
サイレントマイクでは発生した音(声)をマイクが消音する。

音を消す原理

音を消すには、「マイク」「スピーカー」が必要。
音は「波」なので、発生した音をマイクで受け取り、逆の波をスピーカーで当てることで打ち消せる。
つまり矛盾するようだが、スピーカーが「音を消す音」を出すことで消音する。

・リンク → ソニーが世界に先駆けるデジタルノイズキャンセリングの技術 | ソニー
この原理は「ANC(アクティブノイズキャンセル)」「アクティブ消音」と言われ、
「ノイズキャンセル」として実用化されている。

SONY ノイズキャンセリングヘッドホン NC300D MDR-NC300D

SONY ノイズキャンセリングヘッドホン NC300D MDR-NC300D


小型ならヘッドフォンで、大型なら高速道路の消音でも実用化されている。
この装置のポイントは、消音装置が「音の発生源に近いほど効果がある」ということ。
消音装置と言っても中身はスピーカーなので、設置場所が悪いと、むしろ音を拡大する。
この意味でも「サイレントマイク」は相性が良い。
音の発生源(口)とマイクは密着しているので、消音効果も高い。


ちなみに消音効果は、ヘッドフォンで-20dB程度のものが多い模様。
(高速道路では音源の車と消音装置の距離が遠いため、-5dB程度)
20dB、というと小さく思ってしまうが、カラオケ店内の騒音が90dB程度、
ピアノの音を1mの距離から聞くと80dB
60dBが普通の会話の音量なので、20dB変化すると
どのどれぐらい大きな変化か、イメージは掴んでいただけると思う。

誰が作る?誰が使う?

サイレント楽器、というと世界最大の楽器メーカー、ヤマハだが、
ノイズキャンセルヘッドフォンと言えば実はソニーも強い。
・リンク → ソニーが世界に先駆けるデジタルノイズキャンセリングの技術 | ソニー
イヤホンの大手メーカーということで、実はiPodの公式周辺機器まで作っているSONY
SONY iPodドックスピーカー GCS10IP ブラック SRS-GCS10IP/BSONY iPodドックスピーカー V500IP ブラック SRS-V500IP/B
家でカラオケ、を提案するのならサイレントマイクも提供してはどうだろう。


ちなみにユーザーとしてはカラオケ以外にも、「録音」「放送」「通話」がある。
録音ニーズとしてはニコニコ動画で「歌ってみた」と総称される自分の歌を録音するニーズ、
放送ニーズニコニコ生放送USTREAMなどでの生放送がある。

Ho hum...Featured channels on Ustream are Black and White / adria.richards

通話ニーズは言わずと知れたSkype等。
どれもユーザー層を拡大しているジャンルでもあるし、作ればそれなりに売れるのではないだろうか。


SONYらしい商品だと思うし、既存事業との相性も良い上、調べた限り同様の商品も見当たらない。
技術的にも出来ないことはないと思うんだけど、
SONYさん、作ってみてはどうでしょうか?

Sony Logo / Jami3.org