ペンとサイコロ -pen and dice- BLOG

ボードゲーム制作を行う「ペンとサイコロ」のブログです。公式サイトはこちら→http://penanddice.webcrow.jp/

一家に一台、真空ポンプ

料理の中で、「水を飛ばす」という作業がある。
例えば野菜の絞り汁をソースにしたり、果汁からオイルを抽出したり、乾燥させたり。
現状はどうするか。
普通は「暖める」しかない。「コトコト煮詰める」という表現がそれ。

ビックリグミジャム / chidorian

ただ、それによって風味が飛んでしまうなど、弊害もある。


そんな時は「真空ポンプを使おう」という記事が今月の日経サイエンスに載っていた。

日経サイエンス 2011年 11月号 [雑誌]

日経サイエンス 2011年 11月号 [雑誌]

真空ポンプを台所に

真空、といっても本当の真空ではなく、0.7気圧とか0.5気圧とかと思われる。
高い圧力をかける「圧力鍋」があるなら、圧力を下げる機器があってもいいじゃないか。

パール金属  エコクッカー 3層底 片手圧力鍋 3.5L H-5142

パール金属 エコクッカー 3層底 片手圧力鍋 3.5L H-5142


低圧にすると沸点(沸騰する温度)が下がるのはよく知られている。
例えば高山では気圧が低いので、そのまま料理しても沸点が低く
味がしみこまなかったり、お米やパスタに芯が残ったりする。

High Altitude Cooking / papalars

これは気圧が低いことの悪い影響。



しかし、低温で沸騰するということは、熱による悪影響を避けて、煮詰めたり、乾燥できると言うこと。
極端な例はフリーズドライ製法。
真空状態にすると、熱をかけなくても水分が蒸発して、味や風味をほとんど損なわずに乾燥できる。

freeze dried ice cream / kemeko1971


用途は狭いが、真空引きをすること自体はそれほど難しくない。
圧力鍋と同じように、料理に合わせて真空ポンプを使う、というのならまぁ、アリかもしれない。

真空ポンプ EA112AG

真空ポンプ EA112AG

実際に民生品に参入したら面白いと思う会社としては「オリオン機械」がある。
・リンク → オリオン機械
元々は酪農用機械の会社で、今では半導体製造装置用の真空ポンプがメイン事業。
変動が極端に激しい半導体製造装置部品から、民生に手を広げれば売上の変動を抑えるにはいいんじゃないか。

料理は科学だ!

それにしても、料理に詳しいわけでも、それほど興味があるわけでもないのに、料理や台所関連のネタが多い。


それは、やっぱり台所にはまだ可能性があると感じているからだと思う。
料理は科学だ。

  • 工学   :切る・叩く・潰す・削る 
  • 電磁気学 :IH・赤外線(オーブン)・マイクロ波(電子レンジ)
  • 化学   :焼く・冷やす・混ぜる

それぞれの分野を総合したものが、料理。
味は料理するひとのセンスや経験が大事だが、
料理道具として分解すると、研究室にあって、家庭に入っていないモノがたくさんある。
こう考えると、新しいジャンル・商品提案はまだまだ可能性がある気がする。


例えば蒸留器

1029052 / El Bibliomata

例えば超音波カッター

超音波小型カッター

超音波小型カッター

例えば遠心分離器

Centrifuge Used to Spin Samples / USFWS/Southeast


どれも家庭で売れる価格と、用途提案ができれば、それなりに売れると思う。
例えば高温で殺菌する「オートクレーブ」という機械がある。

Autoclave. / Chaquetadepollo.

これを家庭用に持ってきた会社があり、それ自体でジャンルを作るまでに大ヒットした。
Sharpヘルシオだ。

SHARP ウォーターオーブンヘルシオ 18Lタイプ レッド系 AX-CX1-R

SHARP ウォーターオーブンヘルシオ 18Lタイプ レッド系 AX-CX1-R

ヘルシオがオートクレーブを意識していたかは分からないが、
「高温の水で調理」という考え方はまさにオートクレーブそのもの。
ここから着眼して、家庭用に落とし込んだのかもしれない。


電機メーカ各位、あるいは産業機器メーカー各位、何かの参考になりませんか?
参考まで、産業用機械メーカーで、家庭用機器を扱っているメーカーには「エムケー精工」がある。
・リンク → エムケー精工
自動車洗浄装置を扱う傍ら、なぜか家庭用パン焼き器を扱っている。

エムケー 自動ホームベーカリー「ふっくらパン屋さん」米粉パン対応<1斤タイプ> HBK-100

エムケー 自動ホームベーカリー「ふっくらパン屋さん」米粉パン対応<1斤タイプ> HBK-100

最大手のパナソニックに比べれば見た目は悪いが、性能はいい。
なんでこんな事を断言できるかというと、我が家で使っているから。
産業用機械メーカーでも、こんな良い製品を作れる。
我が家では大活躍してます。