ペンとサイコロ -pen and dice- BLOG

ボードゲーム制作を行う「ペンとサイコロ」のブログです。公式サイトはこちら→http://penanddice.webcrow.jp/

DonDonDown on Wednesday に行ってみた

テレビなんかで見たことがあった
「DonDonDown on Wednesday」の前を通ったので寄ってみた。

お店の仕組み

いわゆる古着のリサイクルショップなんだけど、
こんな風に値札が価格ではなく、「フルーツ」になっている。

で、なんでフルーツか、というと、その価格表はこんな感じ。

つまり、毎週価格がこの表に従って下がっていくと言うこと。
つまりこの服は、今日買うと「1500円」だけど、来週には「900円」になるということ。


無印ブランド服でも古本でもそうだけど、値付けが難しい。
高けりゃ売れないし、安いと儲からない。下手に値下げをすると「今度もっと値下げするかも」と買ってくれなくなる。
このお店の面白いところは「値下げを予告している」ということ。
それによりゲーム性を持たせて、「値下げしたら買いたいけど、でも早く買わないと無くなる」
という「お客同士の競争」という雰囲気を持たせているところが上手い。
(これ、上手くいっている間はいいけど、来客数が減ったら一気に売れなくなる気もするけど・・・)

お店はエンターテインメントだ!

お店全体に流れる雰囲気は「いかに盛り上げるか」ということ。
陳列は「フルーツの桃のゾーン」とかでは無く、あくまで「スカート」「パンツ」というジャンル。
結果、価格は雑多に並んだ状態になる

これにより「宝探し」をしている雰囲気ができるので、「これをこんな安く買った!」と思わせやすい。
この辺の陳列を雑多にする戦略はドンキとかでやられていた方式やね。
そしてこんな物も。

何かというと、「三文半入れ」。よく文具屋で売っているやつね。
中身の三文半じゃ無く、この入れ物自体を売っている。49,800円也。
とはいえこれ、売れなくて全然良いんだと思う。
売るつもりも無いだろうし。
こうやってネタとして取り上げて貰って、「あの店は面白そうだ」と思わせれば大成功なんじゃないかと思う。

よく考えられている顧客分散策

お店は本来、平日から休日まで万遍なくお客が来るのが良いが、実際にはどうしても土日に偏ってしまう。
このお店はその顧客分散にかなり力を入れているように感じた。
例えば先の服の値引きは「水曜日」
このほかにも曜日毎のサービスが異常に充実している。

実際には月・水・木にサービスがある。
特に店名の通り水曜日は「定期値引き」の日なので、その日に顧客は集中するはず。
そうやって分散させてるんだな。


HPを見ると既に店舗は50店以上。
イオンにも結構入ってるのか。そんなに伸びてるのか。知らなかった。
50店もあって他の同系列を聞かないのは真似が難しいのか、まだまだマイナーなのか。
というかこのシステムってもっと展開できそうだなぁ、明日はそれを考えてみるか。