ペンとサイコロ -pen and dice- BLOG

ボードゲーム制作を行う「ペンとサイコロ」のブログです。公式サイトはこちら→http://penanddice.webcrow.jp/

暑い夏に、体を冷やすオススメ商品

暑い・・・
今年はエアコンが使えないので扇風機が売れているらしい。
まぁ、そりゃそうか。
じゃ、冷えピタだったらどうなんだろう・・・


ということで「冷えピタ」「熱さまシート」について調べてみた。

「冷却ジェルシート」について

この「冷えるシート」、ジャンルとしては「冷却ジェルシート」というらしい。
まぁ、誰も言わないな。
ちなみに各社の商品名は

古いデータなので今では違うかもしれないけど、各社のブランド認知力はこの通り。
リンク → おでこにピタリと貼り付けるあのシート、「熱さまシート」「冷えピタ」が認知度ツートップ

相変わらず強ぇ!、小林製薬



関係ないがこの辺も商品名(あるいはブランド名)。NHKでは使えない名称だったりする。
競合でその商品名をいうと嫌な顔をされるのでご注意を。

単価計算

「節電」という大義名分があれば許されるのかもしれないが、定価ベースでの一枚あたりの価格は以下の通り(大人用にて)

  • 熱さまシート:60円(720円÷12枚)
  • 冷えピタ:78.75円(945円÷12枚)
  • アイスノンシート:×(オープン価格)
  • デコデコクールS:52.5円(840円÷16枚)

ふむ。
定価ベースなので、ドラッグストアでは半額ぐらいか?(Amazonで確認)
ではエアコン使用時は?オフィスでの計算は難しいので、家庭用、小部屋用のエアコンをブン回したときで計算する。
500W(6〜9畳クラス)を1時間動かしたときの消費電力は42.5円(関西電力の一般契約時)。


なるほど。
確かに計算上はエアコンを付けるより、冷却シートや冷感剤で体を冷やす方が安上がりなんだ。
へぇ、意外。

ということでこの夏オススメ

とはいえこういう使い捨てはもったいないな、と思ったら実は繰り返し利用タイプがあった。
[rakuten:ioki:10004122:detail]

冷えピタでは同等品が無いみたいね。
繰り返しできることを考えると、こりゃ安い。
でも、今回調べるまで知らなかった。
多分、会社としては使い捨てが売りたいんだろうな。
これ、一回買うとメーカには利益が行かないし。


あと、こんな時だからこそもっと話題になっていいと思うのが空調服
リンク → 株式会社空調服

この機会に、デザイナーでも雇って「オフィスでも使える」「営業マンでも使える」とか新しい用途開拓すれば
本当に爆発的に売れる潜在能力はあると思うんだけど。
ってか環境省はみんな使えば?