ペンとサイコロ -pen and dice- BLOG

ボードゲーム制作を行う「ペンとサイコロ」のブログです。公式サイトはこちら→http://penanddice.webcrow.jp/

買い占めに至る心理

精神科医が答える、震災時のパニックについての解説。
精神科医が答える。落ち込んでどうしようもないときの対処法


これは分かりやすい。
震災で不安になった人も、「買い占めなんてバカじゃねぇの?」という人も、
震災の報道や東電に対して過剰に反応している人も読んで欲しい。

震災で不安になるのは正常

震災の報道はかなりショックだった。
民放は意味のない、ショッキングな映像ばかり繰り返し流しているので
見なくなったから分からないけど、まだ冷静な報道をしていると言われた
NHKでもその内容はショックだった。


それを見て、「大丈夫だろうか」と不安になるのは正常な反応だし、
むしろ「自分は大丈夫だけど、不安な情報が入る」というのは
生物の本来の動きとしてはあり得ないため、ストレスだけがかかる。
こういう「逃げようのないストレス」に生物はとても弱い。
だって、そう設計されていないから。


戦いでのストレス(傷がつくとか、走らされるとか)には意外に強いけど、
継続的に逃げられないストレスを与えられ続けると簡単に精神がポッキリいっちゃうのは
それはそう設計されているから。
だから職場で倒れたとか育児ストレスとかを責めるのは絶対におかしい。

だからどうしたらいいか

今回の震災の映像がストレスなのは日本人に共通して、だと思う。
この記事でも書かれているけど、まずは「映像を見ないこと」が一番。
我が家でもある日からニュースは家族の前でつけないようにした。


そして、買いだめや批判に走る人は「精神が参っている人」と
ちょっと冷静に見てあげる目も必要だと思う。
「買いだめするな」ではなく
「大丈夫だよ」というスタンスで説得してあげなきゃいかんのかな、と思う。
まぁ、流行に乗って何となく買い溜めている人は論外だと思うけど。


想定外だ、というのなら発生したものも想定外なら
受け止める日本国民にとっても想定外であることは事実。
ということで「がんばろう、日本!」ではなく
「がんばれ、西日本!休め、東日本!落ち着け、首都圏!」
はとても適切な標語だと思います。