ペンとサイコロ -pen and dice- BLOG

ボードゲーム制作を行う「ペンとサイコロ」のブログです。公式サイトはこちら→http://penanddice.webcrow.jp/

モバイルプリンタが欲しい

超小型330g、USBバスがパワーで動作するスキャナが登場しました。
USBバスパワー駆動で軽量、安価なモバイルスキャナ「MobileOffice S400」が販売開始される
スキャナがどんどん小型化しているのに、
プリンタってあんまり小型化していない。
まぁ、メカ屋からすると機構を考えると色々難しいんですけどね。
原価も恐ろしく高いし。
でも、欲しい。
ということで昨日twitterで言ってたとおり、モバイルプリンタについて。

要求仕様

市販されているもので小型のプリンタというとおそらくサトーなんかが扱っている
バーコードや値段をプリントする「ラベルプリンター」や、キングジムの「テプラ」あたりか。
(ラベルプリンターは業務用。スーパーで店員がラベル印字用に腰にぶら下げてたりする)
個人的に欲しいのはA4サイズ、最低でもB5サイズの印字できる小型プリンタ。
印刷できるのは一枚だけ、白黒でも構わない。
これを訪問時にお客様の前で印字できれば・・・


仕様だけ見たらあってもおかしくなさそうなんだけど、これ多分世の中に無い。
今でも各社の営業マンはお客様が「見るかもしれない」資料を大量に持って行く。
外回り営業マンの鞄はパンフレット類が占めている。
一枚一枚は軽くても、種類が多い上に、お客様にきちんと配れるよう
すべての資料を訪問客数分持っておかないといけない。

メリット

もし小型プリンタがあれば、その場で必要な資料だけを印刷できるので、
持って行く資料はパソコンと白紙が何枚かあればいい。
持ち運びの重さとしてはかなり軽くできる。


営業マンの労働条件の緩和にも繋がるし、
あとで郵送しますから」というロスも防げる。
是非発明して欲しい。
多分、日本中の営業がほしがるので国内だけでも結構なニーズがある。
もちろん小型(細型)プリンタは斬新なので海外でも受け入れられる筈。
海外じゃこんなスタイルの営業がいるか知らないから、同じ用途ではないかもしれないけど。

事業としての可能性

まずは白黒、そこからカラー化、高品質化に繋げていけるという意味で商品のバージョンアップの
方向性が明確なので、市場性も高い。
また印刷枚数が少ないので高速性もバージョンアップの方向性としてある。
つまりはプリンタの歴史をもう一度なぞることになるので、市場の継続性がある。
(バージョンアップによる市場の拡大・継続性が見込める)
またプリンタ事業は紙やインクを独占することでリピート性が高く、安定収益が見込める。
ちなみにキヤノンニコンはインクによる収益をメインとした事業構造、
サトーは紙を専用用紙とすることでの収入構造になっている。


ということでどこか作ってもらえいませんか?
可能性があるのはサトーか?小型・モバイルプリンタの基本となる機能は一通り持っているし。
是非、よろしくお願いします。