ペンとサイコロ -pen and dice- BLOG

ボードゲーム制作を行う「ペンとサイコロ」のブログです。公式サイトはこちら→http://penanddice.webcrow.jp/

<7>年金を無くす



年金を無くす、というと物騒なんだけど現役世代でちゃんと貰って貯められるようにして貰いたい。
その理由は前にも書いたとおり。
要は「今のままの年金という制度はゼロベースで考え直しては?」ということ。


60歳ぐらいなら働ける人も多いんだから、ある程度稼いで貰うことも前提に
生活給付程度の割合で年金をスタートしてはどうか。
つまり、「年齢」「収入」という二軸で年金が決まるような制度にする。
もちろん「働くほど年金が減って不利」という矛盾が起きないような金額設定は必要だけど。


現状の年金制度で分からないのは、「**年金」と複数の制度が併存して
現役世代の稼ぎが思いっきり反映されるのに「高齢者みんなが安心して暮らせる金額」
を年金制度の考え方として目指していること。
個人的には金額に応じた一律給付の方がいいんじゃないかな、と思う。
働きっぷりで自分の貯蓄が変わるわけで、大企業に勤めていたからとか主婦だからとかで
年金が変わるのが納得できない。


そう言う意味では年金を税金で自主的に納めて貰うというのは後のメリットと関連しないので
消費税を年金に充てるという考え方はスムーズでいいと思う。


そんなところ。
書いていて思ったけど、自分が当面貰う立場にならない年金制度ってのはなかなか実感がわかない。
逆に子育て支援とかってのは分かるのでどうしても熱くなる。
あ〜、国会で年金の話ばっかり盛り上がって子育てとか少子化対策とかが盛り上がらないのはこれか。
もう、あれだ。
65歳以上の国会議員なんて辞めてしまえ!