ペンとサイコロ -pen and dice- BLOG

ボードゲーム制作を行う「ペンとサイコロ」のブログです。公式サイトはこちら→http://penanddice.webcrow.jp/

補足

うちの会社で働いている派遣社員の人が居るんだけど、うちで働き始めてもう7〜8年。
30代後半で結婚していて共働き、数年前には家も購入。


彼が言うには、
「子供は欲しいけど、生んだら家計が破綻するので生めない」そう。
それが現実なんじゃないでしょうか。
彼は実家も近いんだけど、結婚しても実家に住むという感覚はなく夫婦で住んでいる。
この感覚は結構今の標準的な生活イメージじゃないかと思う。
「お金が無いと思っているうちに嫁の出産期も逃したので、うちは子供がいない」とのこと。


平日はフルタイムで9時〜9時で働いて、それでもローンでいっぱいいっぱいで子供を産む余裕が全くない。
これは別に特殊な事例じゃないハズ。


自分が正社員だと言っても、正社員と派遣社員の格差と、それによる正社員の焼け太りはおかしいと思う。
そして、「子供ができたら生活できない」という切実な環境は政策としておかしいと思う。
少子化対策大臣が妊娠したとかのニュースをさもめでたいことのように流しているのを見たが、
実際には「妊娠したら終わり」な人がいるんだという現実を認識して貰いたい。


ちょっとね、この話に関しては彼に話を直接聞いた手前、さすがに感情的に書いてます。
「子供が欲しかったのに、もう生めない」という後悔は本当に重たいだろうな、と思うし。