ペンとサイコロ -pen and dice- BLOG

ボードゲーム制作を行う「ペンとサイコロ」のブログです。公式サイトはこちら→http://penanddice.webcrow.jp/

「崖の上のポニョ」を見てきました

予備知識を持たないようにして見てきました。嫁が興味があったようなので。
感想:面白いよ。


なんかその後ちらちらと評判を見ていると「訳が分からん」っていう反応が多いのか?


・誰向け?
見ていて一番感じたのは、これは一番に「子供向け」なんじゃないかな、ってこと。
子供ってのは幼稚園ぐらいかな。
んで、その次にそのぐらいの子供を持ったことがある親向け。
逆に言うと中学校以上とか、独身者には今ひとつ実感が分からないんじゃないかと思う。
実際ネットでもその年齢層や子持ちかどうかですごく反応が分かれている気がする。


・総括
ストーリーの造り込みがどうとかってのはもう、はっきり言って論外ってか本質じゃないと思う。
つまり「5歳児の考える物語」をそのまんま映画にしたらこんな感じ、という所。
だから「幼稚」「訳が分からない」「筋が通ってない」ってのも多分、正しい。
でも、その「筋の通ってなさ」もこの映画の要素だと思うんだよね、そこまで含めて。
だからあれだ、夢の話にツッコミを入れるのと同じってこと。


・大人の楽しみ方
ただ、すごいのはその「子供の理不尽な物語」が本当に日常にやってきたとして、
住んでいる大人はそれを「現実」として出来る限り冷静に対処していく。
そこがものすごくシュール。
はっきり言って寒気がするほど「怖い」と感じる描写や瞬間が何度もある。
それがねぇ、「子供に振り回される親」の立場で見ると良く分かるんだわ。
本当、こんなものを描ける宮崎駿は天才だと思う。


・技巧とか描写とか
なんかCGを一切使わず、全部手書き(着色はデジタルらしい)にこだわったんだと。
実際最初のスタッフロールでは監督と声優ぐらいしか紹介が無いのに、敢えて「撮影」を紹介しているあたり
セル画にこだわったことを言いたかったんだろうね。
それにしても書き込みはすごい。
最初の海のシーンは本当一見の価値がある。
ポイントポイントだけ抽出してみると気持ち悪いようにも見えるけど、5歳児の頭の中なんてそんなもんだと思います。


・オレの中での点数
90点ぐらいじゃない?良かったと思うよ、本当。
子供が幼稚園ぐらいになったら見せたいね、と思う。
惜しむらくは所ジョージが・・・なんで声優をプロにやらせないのかね、毎回毎回・・・