ペンとサイコロ -pen and dice- BLOG

ボードゲーム制作を行う「ペンとサイコロ」のブログです。公式サイトはこちら→http://penanddice.webcrow.jp/

iPhoneが日本でも売れる方法、そこから見える次のパラダイム

先日iPhoneなんて欲しいか?ということを書いたんだけど、iPhoneにはiPhoneの魅力がある。
それを最大化することで売れる方法は無いのか?と考えてみた。


まず前提。
これは個人的な意見でもありますが、日本でiPhone
「個人のメイン携帯」にはなり得ない、と思う。
ここまで発達した携帯電話の機能を捨ててiPhoneに行く理由が無い。
そこでiPhoneが狙うべきは
「個人のサブ携帯」。
そうすると一番不要になるのは「通話機能」


そう、iPhoneは「データ通信専用のちょっと変わったスマートフォン(OMPC?)
なら立ち位置があるんじゃないか?
iPhoneで世界中の開発者がなんか盛り上がっているのは
「オレの作ったソフトでも結構売れて儲かるんじゃね?」
というを見せてくれていることじゃないかと思う。
その夢をかなえるには

  • iPhoneというハード(プラットフォーム)
  • どこでも通信してダウンロードできるという利便性

という条件が必要。
逆に言うとそれ以外の機能は不要。


ということでiPhoneが売れるために必要なのは
「音声なし、データ定額割安プラン」
softbankが用意すること。


そしてこれに絡めて思うのは、既存のゲーム機(PSP,NintendoDS)や
電子ブック、MP3プレーヤなんかもそういった電話機能を搭載したらいいんじゃないかということ。
各携帯電話会社も「これ以上携帯電話が売れない」というぐらいなら
もっとMVNOで電機メーカに携帯電話事業に積極的に参入させたらどうだろうか。
そうすりゃ日本ももっと活性化するし、電機メーカも直接プランを出して設ける仕組みが出来るんじゃないだろうか。


例えば「SONYの新しいウォークマンは自動で毎週のヒットチャートをダウンロード」、
「松下のD-snapは最新の英語ニュースをダウンロードして、どこでもお勉強」なんて
メーカ独自の差別化が出来るようになるんじゃないか。


そのためには先陣を切る商品で仕組みを作って、更にその商品でのヒットが必要。
さぁ、新しい仕組みをsoftbankは提供できるのか?