ペンとサイコロ -pen and dice- BLOG

ボードゲーム制作を行う「ペンとサイコロ」のブログです。公式サイトはこちら→http://penanddice.webcrow.jp/

「エコバッグはエコじゃない」という意見の本質

「エコバッグはエコじゃない」「ゴミは分別しないほうがいい」という意見があるそうです。
それが正しいかどうかは議論するつもりはありませんが、個人的にはやはり包装紙は多すぎるので減らすべきだと常々思っています。
ただこの意見の本質は違うところなのかな、とも思い始めました。


以前にも書いたとおり、環境問題というのは考えれば考えるほど複雑で、正しい知識を持つには兎にも角にも勉強だなと思い知らされることが一杯です。
そんな中で大量に消費されている包装紙を減らそうという動きは歓迎すべき動きであり、
「ようやくそういう流れになったか」という目で見ていました。
ところがいざ包装紙が削減する流れになると、
「エコバッグを使っているから私はエコ様なのよ」といわんばかりの態度が見受けられるようになりました。
大量に使用・廃棄されている包装紙は日本の悪い習慣であり、出来る限り減らしていこうという運動は正しいと思います。
しかし、逆に言うとたかが包装紙です。
根本的な消費を削減することに注力せずに、包装紙だけを減らしたところで大した効果はありません。
何度も言いますが結局はバランスと、トータルの消費量をいかに減らすかが大事なわけです。
分かりやすい例で言うと、牛乳のパックをリサイクルするために何キロも自動車で持ってきて
「私は地球に優しいリサイクルを推進するためにわざわざ持ってきたんですよ」なんていうおばちゃんが本当に居るらしいですが、そんなことは無駄です
ガソリンの無駄だし、道が混むし辞めていただきたい。


前も言ったとおり、結局は家庭においては自動車の排気ガスと光熱費が一番の温暖化ガス排出源になっているわけですよ。
とにかくここを無駄にしたままでの「エコ」はすべからくおこがましいと。
まずはそういう基礎知識を持って、その上で行動してもらいたい。
これに限らず特にマスコミはとかく議論を単純化しがちですが、複雑な本質についてちゃんと議論していただきたい。
まじめな話、太陽光発電が本当にエコなのか、とかね。「そんなのエコに決まっているじゃないか」と思考停止にならず、
ちゃんと製造から廃棄までのトータルの環境負荷をちゃんと数字にして確認したことがある人が居ますか?ということですよ。
そう考えていくと、何が大事なのか、どうすればよいのかという話にも繋がっていけるんじゃないでしょうか。
とりあえず一言。バイオディーゼル反対」。考えてみるとこいつのメリットが分かりません。