ペンとサイコロ -pen and dice- BLOG

ボードゲーム制作を行う「ペンとサイコロ」のブログです。公式サイトはこちら→http://penanddice.webcrow.jp/

日本に活力を、と言うならまず自分が出来ることをやれ

日本の景気が悪いのに企業が社員に還元してないとか、アメリカの景気が悪くなって日本も沈没するとか言われていますが、
「政府が何とかしろ」「企業が還元しろ」とか言う前に、自分が出来ることを考えた。


シャープが堺に合計一兆円とも言われる新工場、自称「液晶コンビナート」を建造中、
松下は対抗して尼崎に3000億を超えると言われるプラズマの新工場を建造中、
この極端な工場投資がいいのかは別にして、大きな投資やそれに伴う企業の売上が出れば回りも含めてみんな活性化します。
つまり企業が設備投資してよい商品を作れる循環が出来ればよい。
じゃそのために何をすればいいか。
景気が良くなればよいとか当たり前のことは置いておいて、上場企業なら自分のところの株が上がれば企業価値も上がり、資産も増えます。


だからみんな株やったほうがいいんじゃねぇかな、と思ったわけです。
株、と言うのは別にギャンブルじゃなく本来はその企業への「投資」なわけです。
企業としても間に銀行を介する「間接投資」では金利がかかるけど、投資家からの株と言う「直接投資」なら金利ゼロ。
そうやって企業体力がつけば投資も出来るし、日本人の個人株主が沢山株を持てば外国人投資家の思惑に惑わされることも無くなる。
いいことずくめじゃないですか。


どうにも悪いタイミングで「株=怪しい」な雰囲気が広がった気がするけど、
デイトレーディングじゃなく、金を預ける先としての株って考え方がアメリカのように広がればいいんじゃないかな、と思った。
もちろんリスクを考えて分散するとか銀行と併用するとか考えることは増えるけどさ、
自分の資産をそういった「日本に活力をつける」方向に使うことが出来れば人に大手振って言える立場になるんじゃないでしょうか。
いや、人間できることからやってかなきゃいかんよな、と思い始めているわけです。最近。


・・・ことを書いたらその日にちょうどあるメールマガジンで同じことを書いたコラム届きました。
「同じようなのを読んだな・・・」という気がする方、たまたまですので。本当。