ペンとサイコロ -pen and dice- BLOG

ボードゲーム制作を行う「ペンとサイコロ」のブログです。公式サイトはこちら→http://penanddice.webcrow.jp/

日本の食品業界の特殊性

日本の食品業界は非常に中小企業が多くなっています。
しかも日本の消費者が見た目・鮮度・品質にうるさいのは承知のとおり。
つまり日本の食品メーカは中小の足りない資本の中で、世界レベルの消費者と直で戦わなければいけない。
これは「割に合わない」というよりも「実際問題出来ない」レベルかもしれません。
今回の件を一つのきっかけとして、中小メーカでもちゃんと公平な市場で戦える土壌を作ってあげないと、業界が死ぬことになるんじゃないでしょうか。
もちろん食品業界内での合従連合を行って体力をつけて、世界に市場を伸ばしていくことも重要。
それと同時に必要と思われる最低レベルのみをルール化し、その中で各企業が差別化を行わせるほうがよいかと思います。


原料をすぐに捨てることが良い、という企業もあれば環境への配慮と原料費削減のためにギリギリまで使います、というスタンスの会社があってもいいんじゃないでしょうか。
それでいざ食中毒が起こったらその会社がひっくり返ることになりますが、
全員が全員右に倣えというのも、ねぇ・・・
なんかよろしくないな、と思うしだいです。