ペンとサイコロ -pen and dice- BLOG

ボードゲーム制作を行う「ペンとサイコロ」のブログです。公式サイトはこちら→http://penanddice.webcrow.jp/

ボードゲーム

ボードゲームのデザインの基礎の基礎:5 複雑さ

ボードゲームやカードゲームといったゲームは自分が勝ちに行くようにアクションしますが、勝利に対するアクションが一つしか無いとタダのすごろくになります。 基本システムはこれだけで、このアクション自体に「賭け」や「ブラフ」を入れると「キャントスト…

ボードゲームのデザインの基礎の基礎:4 勝利点

ボードゲーマーにとっては日常用語の「勝利点(VP:Victory Point)」ですが、この言葉自体が一般的じゃないですよね。 要はゲームにおいて「これをしたら勝ち」という基準です。 将棋なら王将を取れば勝ち、オセロなら自分の色が多ければ勝ちですが、ボード…

ボードゲームのデザインの基礎の基礎:3 並べ方

ボードのデザインと予告しておきながらタイトルが「並べ方」になっていますが、言いたいことは同じです。 企業が作るしっかりしたボードのゲームでは、綺麗なボードに枠が書かれていて、「ここにカードを置く」といった指示がされています。 これならまぁ、…

ボードゲームのデザインの基礎の基礎:2 カードの裏

カードの裏のデザインを気にしてない制作者の方、居ますよね? いや、イラストが綺麗かどうかなんて、ぶっちゃけどうでもいいんです。 今日はカードの裏も遊びやすさ(プレイアビリティ)に直結するよ?という話です。 カードが複数種あるゲームを作るなら、…

ボードゲームのデザインの基礎の基礎:1 カードのアイコン

ボードゲームを作り始めて1~2年というサークルさんと、ここのところ立て続けにお話しをする機会があり、本当に平均年齢下がったな~と感じることもしばしば。皆さん目指すゲームの形は違うので、ゲームの内容について言うことはあまりないんですが、デザイ…

近況報告と「陰陽賽」の廃盤について

ここのところバタバタしていてブログが全然更新できていません。暑くて夏バテしてて睡眠時間を長く取っているせいもあるんですが、 7/14 ボドゲフリマ8 in 三宮(出展) 8/ 4 京都アートビレッジ in アリオ八尾(出展) 8/11 ヘボコン神戸(家族で出場) …

「卓上ヘボコン 対戦キット」の動画を作成頂いたり、あれこれ。

「百怪夜行」に続き、拙作「卓上ヘボコン 対戦キット」の紹介動画を、「フクハナ」さん(@fukuhanameck )に作成頂きました。 こちらも商品紹介サイトでも使わせて頂きます。 作成ありがとうございます。 こちらもAmazonでも先行予約が、 卓上ヘボコン 対戦…

拙作「百怪夜行」の紹介動画を作成頂きました。

拙作「百怪夜行」の紹介動画を、「フクハナ」さん(@fukuhanameck )に作成頂きました。 商品紹介サイトでも使いたいと思います。 作成ありがとうございます。 ちなみにAmazonでも先行予約が、 百怪夜行 (ひゃっけやぎょう) 出版社/メーカー: ペンとサイコ…

ゲムマ2018春に見る/買う側として参加した感想と改善提案

ゲームマーケット春、お疲れ様でした。 ゲームマーケットの東京開催年二回に反対であること、出張が重なったことから今回は土曜のみ一般参加(見る側・買う側での参加)でした。 出展側での参加ばかりだったので、見る側・買う側としてはゲーム制作を始める…

投げ銭的な物を始めました

Pixivが制作者向けコミュニティ「Pixiv FANBOX」を開始したことが話題になりました。 www.pixiv.net Pixivはクリエイター向けのSNSからお絵かき教室、販売プラットフォームのBOOTH、展示即売会販売アプリPixivPayと「クリエイターの支援」をはっきりと打ち出…

ボードゲームを作る人向けの本の話

ボードゲームの裾野は広がっていますが、個人でも作れるからか、制作者の増え方も凄い勢いです。とはいえ漫画や小説、デジタルのゲームに比べれはその数は何桁も小さく、参考になる資料は今でもほとんどありません。 そんなわけで個人的なゲームマーケットの…

「BOOTH Festival アナログゲーム回」 開 催 です!

既報の通り、WEB上のアナログゲーム展示会「BOOTH Festival アナログゲーム回」が始まりました。期間は今日から週末までの三日間(実質は2.5日間)。 booth.pm これにあわせて、「ペンとサイコロ」では特別価格を実施します。金額はなんと、「ゲームマーケッ…

台湾ボードゲーム事情とゲームマーケットの未来

ゲムマ大阪の前に、台湾のボードゲームパブリッシャー、EmperorS4のディレクター、Mr. Linと会食しました。 (写真は以前のゲームマーケットの物。写真中央がLin)会食の前には東急ハンズとDDT本店に立ち寄り、日本のボードゲームの販売状況を軽く紹介し、そ…

ゲームマーケット春、不参加と、WEBでの特別販売のお知らせ

ゲームマーケット2018大阪、お疲れ様でした。 その興奮も覚めやらぬまま5月には「ゲームマーケット2018春」が東京で開催されますが、「ペンとサイコロ」は 出 展 し ま せ ん。 春は毎年参加していないのに、今回も「え、出さないんですか?」って十人以上に…

新作「妄想トランプ」をゲームマーケット大阪で販売します

ゲームマーケット2018大阪で新作「妄想トランプ」を販売します。 元々は下記の記事で取り上げられた「トランプを使わない大富豪」こと「妄想大富豪」というゲームがありました。 portal.nifty.com 詳細はリンク先の記事を参照頂きたいのですが、簡単に言うと…

ゲームマーケットとBOOTH FestivalとPixiv Pay

2018年4月1日(日)には、インテックス大阪にて 「ゲームマーケット2018大阪」が開催されます。 gamemarket.jp 「ペンとサイコロ」も出展しますので、E25-26ブースにもお立ち寄り頂ければ幸いです。 さて、このゲームマーケット大阪では新作の発売と、急遽決…

うっかりアメリカ進出しませんか?

【拡散希望】あなたのボードゲーム、グッズ、アクセサリーなどの作品をアメリカでも販売しませんか?2018年春、北米でボードゲーム関連の委託販売を開始します。現時点でCygnusさんのアクセサリー、ペンとサイコロさんのゲーム作品の取り扱いが決定していま…

ゲームマーケット2018大阪、「ブッコ」さんとの共同出展について

ゲームマーケット2018大阪では、広島のゲーム制作サークル 「ブッコ」さんと共同出展させて頂きます。 bucco.jimdo.com きっかけはブッコの代表、倉橋さんのこのツイート。 ゲームマーケット大阪は申し込みミスにより不参加ですが、パンフレットは購入。サピ…

「三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい」が台湾で賞を頂きました

拙作「三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい」は台湾EmperorS4様より、「Crows Overkill」という名前でライセンス販売されています。 pen-and-dice.booth.pm このたび、その台湾版が賞を頂いたとの連絡がありました。 www.facebook.com 聞けば投票によ…

ゲムマ2017秋・アンケート結果 第二弾:2016→2017年比較

ゲームマーケット2017秋も終了し、制作者向けアンケートを実施しました。 その結果はこちら。 roy.hatenablog.com アンケートは昨年に引き続き二回目となるため、たった一年ではありますが回答を比較してみます。 昨年と今年、同じゲームマーケット秋でも、…

ゲムマ2017秋・アンケート結果 第一弾:2017概況

昨年に引き続き、ゲームマーケット秋についてのアンケートを行いました。ご協力いただいた皆様、ありがとうございます。昨年は94件の回答を頂きましたが、今年は82件の回答を頂きました。昨年より少ないのは私の告知が悪かったせいかと思います。せっかく昨…

この世界の片隅で、自分のゲームを気に入ってくれる人を探す

以前にも書きましたが、台湾のEmperorS4様からオファーをいただき、拙作「三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい」の台湾版が制作されました。 boardgamegeek.com この台湾版「Crows Overkill-三千世界の鴉を殺し-」はオリジナルとは細かく違いがありま…

ヘボコンへのあこがれが昂じてゲームを作ってしまいました

この記事はヘボコンAdvent Calendar 2017の2日目の記事です。昨日の記事はヘボコンマスター、石川さんのこちらの記事、 明日はYuko Sunagawaさんによる記事になります。 さて、「技術力の低い人のためのロボット相撲」がコンセプトのヘボコンですが、昨日の…

新作ボードゲーム「卓上・ヘボコン -Hebocon-」について

新作ボードゲーム「卓上・ヘボコン -Hebocon-」が徐々に形になってきましたので、中間報告です。(ゲームシステムとしてはすでにできあがっています) タナゴデザインのタナゴさんにデザインをお願いして、このタイルやボードが こんな格好良くなりました。 …

香港ボードゲーム事情・その3:駆け足ショップ巡り

香港のボードゲーム事情の調査として、何店舗かプレイスペース巡りをしたので簡単にご紹介。 とはいえこんな雑居ビルの何階かに入っているお店、という感じでしか紹介出来ないので、正式な店舗紹介などはなしで、ザッと雰囲気だけ紹介という感じで。 ちなみ…

香港ボードゲーム事情・その2:海賊版について

香港のボードゲーム事情を話すにあたって触れなければならないのは「海賊版」。 20数年前には街のあちこちの屋台で普通にドラえもんやドラゴンボールの海賊版が売られていた香港。 私もゲームの海賊版の売られているお店に遊びに行って、「4イン1」のファミ…

香港ボードゲーム事情・その1

仕事で中国に行く用事があったので、移動の時にちょっと香港に寄って向こうのショップ周りをしてきました。 香港はもう20年以上も前(返還前)に住んでいた事があった上、現地で卸+販売を行っているMr. Walkerがうちのゲームを気に入ってくれたことから、彼…

シンガポール ボードゲーム紀行『その2. Grey Ogre Games』

シンガポールのゲームショップ紀行は2店目でおしまい。 いやだから仕事のついでで行ってるんで数が少ないのは勘弁して下さい。 Grey Ogre Gamesさんはプレイスペースです。(販売もアリ) 「その1」のPIさんが販売メインだったので、プレイ事情を伺いたくて…

シンガポール ボードゲーム紀行『その1. Games @ PI』

仕事でシンガポールに行ってきましたので、折角の機会ということで店舗にお邪魔してきました。 数は少ないのですが、前回のフォーマットに則って紹介させて頂きます。 まずは一店目、「Games @ PI」。 「π」の記号が目印です。 www.pi.com.sg

デイリーポータルZ(@ニフティ)に行ってきた!:ヘボコン制作「前」記

ヘボコンのゲームを作るなら、ということでヘボコンの創造主、デイリーポータルZの石川大樹さんに連絡を取りました。 「ヘボコン」の名前をゲームに使っても良いですか?と聞いたところ、 「ニフティ公認、とするわけには行きませんが、二次創作的に名前を使…