ペンとサイコロ -pen and dice- BLOG

ボードゲーム制作を行う「ペンとサイコロ」のブログです。公式サイトはこちら→http://penanddice.webcrow.jp/

ボードゲーム

ルールのコピーを減らすために、ボードゲームデザイナーとしてできること

ゲームマーケット2019秋の準備も大詰めですが、「ドブルのルールをそのまま流用したゲームがクラウドファンディングを開始した」という話が飛び込んできました。 megalodon.jp ※プロジェクトの取り下げ申請を行われたということなので、リンクは魚拓です 弁…

新作「当方ボーカル!」を作りました!

新作「当方ボーカル!」ができました。 いきなり完了報告です。 この作品、このツイートがきっかけで作ったんですが、とにかく今日校了するまで全速力で作っていたので、ブログにまとめる暇もありませんでした。 キッカケはこのツイート このゲームを作るき…

ヘボコンへのお礼に、広告を出しました

「モノづくりには失敗がつきもの」とはよく言われますが、その失敗自体を楽しもう、というイベントが「ヘボコン」です。 dailyportalz.jp 私、これでも大学時代には大学ロボコンに挑戦していて、結局本選出場は叶いませんでしたが大学内にある工場で機械加工…

金沢ボードゲームマーケット 第五回 に出展しました

8/18(日)に金沢ボードゲームマーケットがあったため、出展のため金沢に行ってきました。当初の予定では私一人で前日入り予定でしたが、台風10号で娘が参加しようとしていた泊のイベントが中止になり、急遽二泊三日の父娘二人旅に変更(妻は予定があったた…

ボードゲームデザインの練習方法

先日、上杉カレーさん(https://twitter.com/dbs_curry)が紹介されていたこの本を買ったんですが、これが良くできてる。 Building Blocks of Tabletop Game Design 作者: Geoffrey Engelstein 出版社/メーカー: Routledge 発売日: 2019/07/12 メディア: ペー…

ボードゲームの作り方を教えてと言われても

先日「ボードゲームを作ってみるワークショップ」に参加して面白かったんですが、「ボードゲームの作り方講座」もあると聞いて、そうしたニーズも広がっているんだなぁと感じます。 私も「どうやって作っているんですか?」と聞かれることはありますが、それ…

先生方、ゲームを作りたいならご相談ください

朝日新聞でニュースになってたんですが、大学教授が自分の研究を知ってもらうため、ゲームを作ったそうです。 「ばい菌カード 知識ゲット」-朝日新聞7月30日(夕刊) www.asahi.com そうしてみんなに知ってもらう努力をするのは大賛成ですが、良く考えると…

「北海道ボドゲ博 1.0」に出展しました

先週末の連休中は、初めて北海道に行っていました。目的は「北海道ボドゲ博1.0」に出展するため。(+観光) psykorokinesis.wixsite.com このイベント、昨年に「0.5」という実験イベントが開催されていますが、名前の通り公式には今回が一回目。「北海道で…

「BLOCK. BLOCK」が新しく、安くなります!

昨年に制作した「BLOCK. BLOCK」。 個人的にはルールの出来は最高だと思っているんですが、問題はその価格。 木製部材のカタマリなので原価も偉いことになっており、定価は10,000円とせざるを得ませんでした。 結果としてはなかなかに厳しい売り上げでしたが…

みんなで! アメリカ進出プロジェクト!

アメリカのブロガーEricさん(@whatseplaying)が、拙作「卓上ヘボコン 対戦キット」のレビューを作成くださいました。 whatsericplaying.com 10点満点中の9.25点と高評価ですが、何より嬉しいのは「ヘボを讃える」というヘボコンの精神をよくわかった評価をし…

わかりやすい説明動画ができました(他力本願)

拙作「三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい」のルール説明とプレイ動画をアップいただきました。 作成されたのは「浅木」さん。 https://twitter.com/asakineco ヘタリアのキャラでボードゲームやCoC等の説明・リプレイ動画を以前から作られています。

「天才画家ボン」と「イロトカタチ」という2タイトルについて

ゲームマーケット大阪で見かけたゲームでこんなゲームがありました。 ロクジゾーさんの「天才画家ボン」 「イロトカタチ」 ※「イロトカタチ」はゲームマーケット大阪時点では販売なしの試遊のみ いずれも「単色のカードでお題のイラストを作り、当てて貰う」…

アメリカで、自分の作ったゲームがリリースされます

ゲームマーケット大阪、お疲れさまでした。今回のイベントは出展者と来場者のバランスがとても良く、また会場のサイズも広すぎず・狭すぎずちょうど良いサイズになっていたと感じます。来場者はイベントの終了時まで絶えることなく、楽しくイベントを過ごせ…

拙作「BLOCK. BLOCK」はパクりなのか?

先日もお伝えした「ボードゲームセレクション」お疲れ様でした。 大賞・各店舗賞が発表され、拙作「BLOCK. BLOCK」は残念ながら受賞無しとなりました。 bgselection2019.wixsite.com イベントも終わり、アンケートの集計結果を頂いたのですが、その結果は5段…

我が家に家宝が出来ました

我が家に家宝が出来ました。 拙作「百怪夜行ーひゃっけやぎょうー」に、なんと、荒俣宏先生からサインを頂きました。 どういうことかとい言うと・・・

元銭湯「九条湯」でのイベントと、「BLOCK. BLOCK」の箱デザインについて

のっけから何の写真だって感じですが、先日こちらにお伺いしました。 見ての通り銭湯ですが、「元」銭湯です。 外観はこんな感じ。 写真左に煙突が見え、ここが銭湯であると分かります。 正面玄関の唐破風で銭湯だと分かりますが、引き戸の上のはめ殺しの窓…

ボードゲームセレクションとBLOCK. BLOCKと万屋楽団様

関西のボードゲームショップが一丸となり個人制作のゲームを紹介するイベント「ボードゲームセレクション」が開催されています。 https://bgselection2019.wixsite.com/bgselection そもそもが競合でもあるショップ同士が手を組み、イベントを起こすだけでも…

「骰棋(ダイスチェス)」が面白かった

新作「BLOCK. BLOCK」がテーマ無しのシンプルなゲームだったので、今回のゲームマーケットではそんなゲームを集中的に買いました。いわゆる「アブストラクトゲーム」ってやつです。 結局そういうのが好きなんですね。 で、買った中でも良かったのがこの「骰…

「ワンナイト人狼」と「人狼ビギナーズ」に関する記事についての修正声明

先日公開し、反響を頂いたこちらの記事について 事実誤認があるのではないか 間違った結論に誘導しているのではないか というコメントを頂きましたので、背景を確認し、内容を修正させて頂きます。

ゲームマーケット2018秋、出展者向けアンケート結果:第二弾

間に別の記事を挟みましたが、アンケート結果の集計結果第二弾です。 第一弾はこちらを参照ください。 roy.hatenablog.com 経年比較結果 アンケートも今年が三年目。 ゲームマーケットの規模が大きくなることで変化があったか?ということで経年の変化を比較…

企画屋から見たボードゲーム市場の成長と、いま目指すべきこと

この記事は「Board Game Design Advent Calendar 2018」三日目の記事として作成しています。二日目は しらたまゲームズ(@laz_frozentear )様の「作る上で大事にしている事」でした。 初めましての方もいらっしゃると思いますのでまずは自己紹介を。 「ペン…

ゲームマーケット2018秋、出展者向けアンケート結果:第一弾

ちょっと間が空きましたが、ゲームマーケット2018秋、お疲れ様でした and ありがとうございました。 さて、その結果はどうだったのか?今年も出展者向けのアンケートを実施しましたので、その結果を公開します。 このアンケートも今年で3年目。 2016年:94件…

「BLOCK. BLOCK」のつくりかた

ボードゲームの制作者が集まると「あれはどこで作ったのか」「どこまで手作業なのか」なんて話を良くするんですが、今回の「BLOCK. BLOCK」ではゲーム制作者以外からも「あれはどこまで手作りなんですか?」なんて聞かれます。 それだけ無茶をやっている自覚…

新作「BLOCK.BLOCK」の限定先行販売について

新作「BLOCK.BLOCK」を作っています。本日最後の部材である「巾着袋」が届き、ようやく箱詰めが出来るようになりました。 袋も不織布ではなく、布製でロゴのプリント付きです。内容物が重いため、破れないようにと良い素材を選んだ結果、更に原価が上がる悪…

ボードゲームのデザインの基礎の基礎:5 複雑さ

ボードゲームやカードゲームといったゲームは自分が勝ちに行くようにアクションしますが、勝利に対するアクションが一つしか無いとタダのすごろくになります。 基本システムはこれだけで、このアクション自体に「賭け」や「ブラフ」を入れると「キャントスト…

ボードゲームのデザインの基礎の基礎:4 勝利点

ボードゲーマーにとっては日常用語の「勝利点(VP:Victory Point)」ですが、この言葉自体が一般的じゃないですよね。 要はゲームにおいて「これをしたら勝ち」という基準です。 将棋なら王将を取れば勝ち、オセロなら自分の色が多ければ勝ちですが、ボード…

ボードゲームのデザインの基礎の基礎:3 並べ方

ボードのデザインと予告しておきながらタイトルが「並べ方」になっていますが、言いたいことは同じです。 企業が作るしっかりしたボードのゲームでは、綺麗なボードに枠が書かれていて、「ここにカードを置く」といった指示がされています。 これならまぁ、…

ボードゲームのデザインの基礎の基礎:2 カードの裏

カードの裏のデザインを気にしてない制作者の方、居ますよね? いや、イラストが綺麗かどうかなんて、ぶっちゃけどうでもいいんです。 今日はカードの裏も遊びやすさ(プレイアビリティ)に直結するよ?という話です。 カードが複数種あるゲームを作るなら、…

ボードゲームのデザインの基礎の基礎:1 カードのアイコン

ボードゲームを作り始めて1~2年というサークルさんと、ここのところ立て続けにお話しをする機会があり、本当に平均年齢下がったな~と感じることもしばしば。皆さん目指すゲームの形は違うので、ゲームの内容について言うことはあまりないんですが、デザイ…

近況報告と「陰陽賽」の廃盤について

ここのところバタバタしていてブログが全然更新できていません。暑くて夏バテしてて睡眠時間を長く取っているせいもあるんですが、 7/14 ボドゲフリマ8 in 三宮(出展) 8/ 4 京都アートビレッジ in アリオ八尾(出展) 8/11 ヘボコン神戸(家族で出場) …