ペンとサイコロ -pen and dice- BLOG

ボードゲーム制作を行う「ペンとサイコロ」のブログです。公式サイトはこちら→http://penanddice.webcrow.jp/

[ヘボコン HEBOCON:3]ボードゲームでヘボコン

「ロボットを作る」「対戦する」はロボコンに限らず、テレビゲームでもよく取り上げられるコンテンツです。
私も大学時代はロボコンを作る連中と際限なく「Armored Core」シリーズをやり続けました。

ARMORED CORE VERDICT DAY(アーマード・コア ヴァーディクトデイ)(通常版)

機体を黒く塗って夜の市街地戦をスニーキングして戦うのが基本戦略。

解像度もセンサーの性能も悪い、昔のプレステだから出来た芸当だと思います。

ブーストするとバレるから、いかに見つからないようにブーストをふかすかなんて事に練習時間を費やした大学時代。 

 

アナログゲームでも「ゴブリン株式会社」という、ロボットを作って戦うゲームがあります。

ゴブリン株式会社

https://cf.geekdo-images.com/images/pic1481216_md.jpgこれが「ロボット」。これを2台作って対戦します


このゲームでは二人で協力して巨大ロボットを作って、それで相手チームのロボットを攻撃、破壊します。

https://cf.geekdo-images.com/images/pic1354492_md.jpgプレイ風景(BoardGameGeekより)

(実際には協力は表向きで、それぞれが別の「真の目的」を隠し持っていますが)
遊ぶ時は「ういーん、どかーん」と効果音を付けることを強く推奨します。


私はこのゲームが大好きなんですが、2~4人で遊べるとは言え、二人チームの面白さを真に発揮するのは4人プレイ時なので、実質的には4人専用。
プレイ時間も1.5時間とそれなりにかかるので、なかなか遊ぶ機会がありません。

(箱の記載時間は45分なんですけどね。そんな時間で終わらない)

 

そこで今回、「ロボットを作る」「ロボットを対戦させる」の二つの要素を盛り込んだゲームを自分で作りました。
正式名称は現時点では未定ですが、「ヘボコン(仮)」とします。
プレイ人数は2~4人。このゲームは2人でも問題なく遊べます。
プレイ時間は20分程度。ちょっとした時間で、気軽に遊べるようにしています。

続きを読む

[ヘボコン HEBOCON:2]「ヘボい」ロボコン

ロボコンをやっていた当時、レベルが低い事は当然「恥」でした。
レベルが低くてNHKの大会には出られませんでしたし、大学ミニロボコンをそれほど積極的に宣伝しなかったのも、自分たちのレベルの低さを認識して積極的でなかった部分はあるかと思います。

f:id:roy:20170608203057j:plain

でも、「レベルが高くなければロボコンしちゃいけない」となると、その参入障壁はどんどん上がってしまいます。

 

もちろん、頂上決戦としては、レベルが上がっていく事は良い事です。
ロボット相撲では掃除機顔負けの「吸引力」競争が進みましたし、水道橋重工の「クラタス」を見てロボットを作りたいと思った人はいると思います。

suidobashijuko.jp


でも、その裾野も広げたい。

LEGOは「マインドストーム」というキットで「簡単にロボットを作れる」と喧伝しています。

レゴ (LEGO) マインドストーム EV3 31313

ホーム - レゴ®マインドストーム LEGO.com

 

つい先週発表がありましたが、SONYも同じ領域に参入するそうです。
こっちは正直、事業としてはうまくいかないんじゃないかなぁ、と思っていますが、色々選択肢が増えるのはとりあえず良い事です。

www.gizmodo.jp

続きを読む

[ヘボコン HEBOCON:1]私とロボコン。

ロボコンって、ご存じですか?
ロボットコンテスト」の略称のほうです。「みんなのロボコン」ではなく。

www.official-robocon.com

 

「なんかテレビでやってるのを見た気がする」
ぐらいのイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか。
ロボットを作って、戦う。
小型のロボットを作って押し出す「ロボット相撲」もあれば、
学生がチームを作ってボールや箱を運ぶ「ロボコン」もあります。
世界を見渡せば、人型のレスキューロボットを作る
DARPA Robotics Challenge」では賞金2.5億円という金額が掲げられています。

DARPA Robotics Challenge (DRC)

 

実は私も、大学時代に「ロボコン」をやっていました。
先代がいろいろ画策して、なぜか部室は確保していましたが、実質的にロボコンとして活動を始めたのは私の代から。
初代部長、というところです。
今はどうか分かりませんが、少なくとも当時の「大学ロボコン」はNHKが主催している大会で、予選から大会が開かれ、テレビでも中継される「高専ロボコン」に比べれば規模も小さく、なんともマイナーな大会でした。
この辺、全て当時の記憶に頼って書いていますので、現状とは異なる部分もあるかと思います。その点はあらかじめご了承ください。

 

大学ロボコンは当時、以下のような流れになっていました。

  • 一次審査:書類審査
  • 二次審査:ビデオ審査(NHKが訪問、撮影)
  • 本戦(決勝)

(今はビデオ審査が二回になっているようです)

つまり本戦に進むまで、一度も実際に試合を行わないわけです。
大学二回~四回生まで、都合三年ロボコンに挑戦しましたが、結果は三年目の二次審査止まり。
(関西では大学の学年は「何年生」ではなく「何回生」と言います)
テレビに出ないどころか、一度も試合をしないまま終わりました。

続きを読む